オライリー・ジャパン、プロキッズ、スイッチエデュケーションがmicro:bitを使った作品コンテストとワークショップを開催

株式会社オライリー・ジャパン、株式会社プロキッズ、株式会社スイッチエデュケーションが、教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品のコンテスト「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」を開催する。また、本コンテストに合わせてmicro:bitを使ったロボットサッカーワークショップも開催される。

「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」のテーマは「作って楽しむ」である。作ることそのものを楽しむ、作ったものを使って楽しむ、作ったものをほかの人と共有して楽しむ、など楽しみ方にもいろいろある。動くものを作ることによって感じられる様々な楽しみを、多くの方に体験してもらいたいというのが、本コンテストの趣旨だ。

コンテスト概要

  • 名称:micro:bitでつくってみよう!コンテスト
  • 募集期間:2018年4月27日~6月10日
  • 募集部門
    「Kids&Family部門」小学生以下の子供+大人
    「Young Maker部門」中学生~18歳未満
    「一般部門」年齢不問
  • 表彰:「Maker Faire Tokyo 2018」にて受賞作品の表彰および展示を予定
    (2018年8月4日(土)、5日(日)東京ビッグサイト)
  • 公式サイト:http://makezine.jp/blog/2018/04/microbitcontest2018.html

micro:bitワークショップの開催

スイッチエデュケーションは本コンテストの開催にあわせ、micro:bitで動くラジコンカーを使ったロボットサッカーのワークショップを開催する。micro:bitを使って2輪のラジコンカーを作り、参加者全員でロボットサッカーを行う。ロボットサッカーはチーム戦で、作戦を練ってトーナメント形式の試合を行う。micro:bitで動くラジコンカーを作る楽しさとともに、作ったものを使って遊ぶ楽しさも体験できるワークショップとなっている。

ワークショップ概要

  • 名称:micro:bitでロボットサッカーをしよう
  • 日時:2018年5月26日(土) 13:00-16:00(開場12:30)
  • 参加費:3,500円(税込)
  • 場所:Think of Things(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1)http://think-of-things.com/access/
  • 募集人数:18名(申込み多数の場合抽選)
  • 参加資格:小学生以上(小学生は保護者の同伴が必要)
  • 参加申込:https://connpass.com/event/86021/
  • 申込締切:5月19日(土)

micro:bitとは

micro:bitはイギリス生まれのSTEM教育用マイコンボード。

プログラマブルなボタンスイッチやLED、様々なセンサー、無線通信機能などが搭載されている。子供から大人までだれでも簡単に動いたり光ったりするものが作れるのが特徴。 2017年8月に行われた「Maker Faire Tokyo 2017」より日本でも販売を開始し、教育現場やメイカーから注目を集めている。