アフレル、大学・高専におけるプログラミング基礎の新教材を発売

株式会社アフレルが、高等教育機関におけるプログラミング基礎の学習への活用を狙いとする新たな教材を発売した。

既に多くの大学・高専・専門学校などにおいて、コンピュータを道具として使いこなすことを目的としたコンピュータリテラシーの授業は行われているが、現在では分野を問わず一般教養科目としてプログラミングを取り入れる教育機関も増えている。多様な学生が関心を持って取り組むことができ、学生自身の能動的な学びを支援する教材への需要は、今後一層の高まりを見せると判断し、発売に至った。

新シリーズ「ロボットで学ぶプログラミング基礎」は、学部・学科および専攻を問わず、プログラミングの導入教育を想定した内容。大学や高専といった高等教育機関における授業利用に適した15コマのシラバスを用意し、半期(前期あるいは後期)での展開が可能となっている。ラインナップとして、今回発売するEV3ソフトウェアの他、夏頃にはC言語、Java言語の出荷も予定されている。

商品概要

  • 名称 ロボットで学ぶ EV3ソフトウェア プログラミング基礎
  • URL https://afrel.co.jp/product/ev3-text#textProduct13
  • 発売日 2018年4月26日(木)
  • 商品構成・価格
    指導者セット 型番:EVHI-SWSET  標準価格:10,000円(税込10,800円)
    テキストタイトル「ロボットで学ぶEV3ソフトウェアプログラミング基礎」
    サンプルプログラム、シラバス(ダウンロードによる提供)
    楕円走行コース(A0:合成紙)
  • 学生・受講者用 型番:EVGHIGH-SW  標準価格:1,100円(税込1,188円)
    テキストタイトル「ロボットで学ぶEV3ソフトウェアプログラミング基礎」

特徴

  • 15コマのシラバスによる確実な授業実施(高等教育機関での授業を想定した時間配分)
  • プログラミングの基礎から変数や関数の考え方までカバーするテキスト
  • 進度に合わせて選べる課題やサンプルプログラムを完備

プログラミング学習サービス一覧

オンラインプログラミング学習サービス

通学型プログラミングスクール

子ども向けプログラミングスクール