誠文堂新光社、子供向けプログラミング書籍を刊行

株式会社誠文堂新光社が、2018年5月8日(火)に、『プログラミングでなにができる? ゲーム・ロボット・AR・アプリ・Webサイト……新時代のモノづくりを体験』を刊行する。

1924年創刊の月刊誌『子供の科学』が、未来を生きる子供たちにとって大切な科学を楽しく、わかりやすく紹介する新シリーズ“ 子供の科学★ミライサイエンス ”シリーズの第2弾のテーマは「プログラミング」。

2020年には、小学校でプログラミングが必修化されるのを受け、プログラミング学習に大きな注目が集まっている。だが、「プログラミングでなにができて、どんなことから始めたらいいのか、よくわからない」という声もよく耳にする。

本書では、プログラミングで具体的にどんなことができるのか、暮らしの中のどんなところでプログラミングが使われているのかを見ていきながら、「ゲーム」、「ロボット」、「AR(仮想現実)」、「スマホアプリ」、「Webサイト」の5つのモノづくりを体験できる。

作品づくりを楽しみながら、「ゲームをおもしろくするにはどんな設定が必要か?」、「ロボットを思ったように動かす命令は?」と考えることで、プログラミング的思考の基礎を体験から身につけていくことができる構成になっている。

身近なゲームから本格的なアプリ開発まで、さまざまなテーマにまずチャレンジしてみることで、好きなテーマや得意分野に合わせて学習を発展させていくことができる。

「Scratch(スクラッチ)」を利用したブロックプログラミングから始めて、テキスト言語にまでつなげる構成になっているため、すでにScratchなどのブロックプログラミングに慣れている子供たちにもおすすめ出来る。

  • 本書は全4冊で編成されるシリーズで、好評発売中の、第1弾『コンピューターってどんなしくみ?』。
  • 5/22発売、ビッグデータ活用の基本となる統計を学ぶ、第3弾『統計ってなんの役に立つの?』。
  • 6月発売予定、AIのしくみを学び、未来の活用を考える、第4弾『人工知能と友だちになれる?』と続く。