学研、プログラミング1DAYキャンプをGWに連続開催

株式会社 学研ホールディングスのグループ会社、株式会社 学研プラスが運営する学研テックプログラムが小・中学生を対象にしたプログラミング1DAYキャンプをGWに連続開催することを決定した。

注目の習い事「プログラミング」 楽しく学ぶことが上達のヒント

2020年の必修化に向けて、プログラミング教育に注目が集まっている。プログラミングと聞くと難しそうなイメージがありますが、まずは楽しむことが上達への近道。学研が取り組むプログラミングスクール・学研テックプログラムなら、初心者の子どもでも安心して、楽しく学べるカリキュラムが用意されている。

好きやレベルで選べる4つの学習コース

大人気の「マインクラフトコース」から、プログラミングの基礎がしっかり学習できる「スクラッチコース」、ほかのスクールではめずらしい「Webアプリコース」まで、子どもの好きやレベルに合わせて選択できる学習コースを用意。

特にマインクラフトコースは、ゲームを楽しむ感覚でプログラミングを学習できると、とても人気のコースだ。

  1. プログラミング入門1DAY スクラッチでゲームを作ろう
  2. プログラミング基礎1DAY マインクラフトコースVOL.01
  3. プログラミング基礎1DAY マインクラフトコースVOL.02
  4. プログラミング実践1DAY ホームページとWebアプリを作ろう

「プログラミング基礎 マインクラフトコースVOL.01」では、マインクラフトの敵キャラ「クリーパー」の顔をプログラミングで作ることが目標。

「プログラミング基礎 マインクラフトコースVOL.02」では、プログラミングで家を作成。家具の配置や壁の色など、子どもたちがこだわって作った家が完成する。

すべてのコースで、作品を制作しながら学習を進めていく。

たった1日で大きく成長できる学研式1DAYキャンプ

1DAYキャンプは、学研式のプログラミング教育を1日で体験できるカリキュラム。プログラミングを学習するとともに、タイピングの基礎に始まり、最後は子どもが作った作品を自分の言葉でプレゼンテーションする。学校では体験できない充実したカリキュラムで、たった1日でも大きく成長できる。

【学研式プログラミング教育の強み】
強み1:はじめてでも学習できる論理的思考力を養うテキスト
強み2:子どもの創造力とコミュニケーション能力を高めるカリキュラム
強み3:答えを教えるのではない、みずから考えることを導く少人数制での指導法

授業で使うテキストの例。書き込み式で、ただキーボードを打つだけでは身につかない、論理的思考力や問題解決力が養われる。

パソコンやプログラミングの経験がなくても心配いらず。2~4人の子どもに対して1人以上の講師がつく少人数制で実施。万全のサポートで子どもたちの成長をフォローする。

/col2]