学研ステイフル、プログラミング初学者のための知育玩具『カードでピピッとはじめてのプログラミングカー』を発売

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研ステイフルが、2018年4月23日(月)に未就学児向けプログラミングトイ『カードでピピッとはじめてのプログラミングカー』を発売した。

『カードでピピッとはじめてのプログラミングカー』は、パソコンもスマホも不要、カードをかざすだけの簡単操作で、遊びながら将来どんな職業に就いても求められる力=プログラミング的思考が身につく知育玩具だ。

3月末に体験イベントを実施し、参加した子ども・保護者を対象にしたアンケートでは「楽しく遊べていたか?」という問いに対し、「楽しく遊んでいた」に100%の回答を得た。

未就学児の子どもも、プログラミング教育に対して不安を抱える保護者も、この商品なら気軽に楽しく遊べ、プログラミングを学ぶ“ファーストトイ”として最適だという。

発売前から販売店やメディア・各種媒体様など多方面から問い合わせが殺到し、イベントに関しても多数のリクエストを受け、既にゴールデンウィークから夏にかけて各地でイベントの開催が決定している。

公式ホームページでは商品の魅力を伝えるのはもちろん、購入後も楽しめるコンテンツを用意している。あそび方の他、取扱説明書には載っていない情報や体験イベントでのアンケート結果を公開。また、追加して使える付属品のダウンロード機能や問題の定期更新など、顧客と長く繋がれるサイトを目指している。

2020年から始まるプログラミング教育の小学校必修化を受け、いち早く気軽にプログラミングの世界に触れ、自ら考えながら楽しく遊ぶことで、自然と「プログラミング的思考」が身につけられる商品として売り出している。

【カードでピピッとはじめてのプログラミングカー とは・・・】
スタートとゴールを決めてゴールまでのとおり道を考え、見える化して思考を整理。その通りに“くるま”に命令をすれば、命令どおりにくるまが動き出す。見える化して思考を整理すること=「プログラミング的思考」となり、子どもは遊んでいるつもりでも自然とプログラミング的思考を身につけていることになる。思考を見える化しているため、間違えてもどこを間違えたのか一目でわかり、何度でもやり直すことができるので「やり抜く力」の養成にもつながる。なぜその道を選んだのかなど声掛けをし、コミュニケーションをとりながら遊べば「ことば化する力」も伸ばすことが可能。

付属の冒険マップでは子どもになじみのある場所を選定し、ストーリー性のある作りになっている。マップの裏はオリジナルマップが作成可能。また、動きを半分にする機能やプログラミングの世界では欠かせないループ機能も付いており、「右を使わないでゴールに行くにはどうしたらいいか」など問題の出し方次第で難易度を変えられる。