フューチャー、AI教育・認定のオリジナルプログラム「Future AI Certification」を開始

フューチャー株式会社が、企業や社会に対しプロフェッショナルサービスを提供できる高いスキルを有するスペシャリストを育成することを目的に、AI教育・認定のオリジナルプログラム「Future AI Certification」を開始した。

かつてないスピードと勢いで技術革新が進む新しい時代のビジネスイノベーションや社会変革には、ITとAIが必要不可欠。一方で、世の中には様々なAIの製品やサービスが存在しており、技術を深く理解して正しく目利きし実業務で有効に活用することは困難であり、高度な知識と実践的なノウハウをもつプロフェッショナル人材が求められている。

様々な業種業態のお客様の戦略パートナーとして機械学習・深層学習などAI技術をいち早く実際のビジネスに利活用するプロジェクトを推進しているフューチャーは、「Future AI Certification」を通してイノベーションの担い手となる人材に積極的に能力開発の機会を提供し、プロフェッショナルサービスを提供できる高度な人材を育成することを目標としている。

  • 【Basic】AIの理論と実装の基本理解レベル
  • 【Standard】AIを活用したコンサルタント実務遂行レベル
  • 【Professional】AI専門チーム(フューチャーのStrategic AI Group)へ参画レベル
  • 【Advanced】先端アルゴリズム、自然言語解析や需要予測等に関するインダストリ・ケース・スタディ

「Future AI Certification」では、フューチャー独自のAI技術や教育マネジメントに加え、スタンフォード大学が授業で活用しているCoursera等の外部講座も積極的に利用し、学習コンテンツを充実させている。フューチャーでは既に100名以上がBasic認定を取得しており、今夏までにコンサルタント全員にBasic認定を取得させ、プロフェッショナル集団としての付加価値を向上させようとしている。また、今後は一般にも機会を提供し、社内外を問わず広くAI人材の育成に貢献するつもりだ。