サマデイがeポートフォリオ活用推進プロジェクト「Feelnote School」、協働校の募集受付を再開

教育コンサルティング&クラウドサービス事業を行う株式会社サマデイは、2018年1月より、SNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」の公教育向けの無償提供を開始した。

これは、世界の大学入試にも提出可能なポートフォリオを作成でき、「eポートフォリオ作成システム」として国際特許を取得している同サービスを、広く活用できるものとすることで、「脱ガラパゴス」の教育改革を推進することを目的としたプロジェクトで、自社が主催する「教育ポートフォリオ」研究会への参加校のみを対象にエントリーを募り、現在、約30校の協働校と取組を行っている。

2月から4月にかけては、初期約30校との協働に注力するため、新規参入を受け付けていなかったが、多くの要望を受け、5月より募集を再開することとなった。本協働プロジェクトへのエントリーには「教育ポートフォリオ」研究会への参加が必要となる。「教育ポートフォリオ」研究会の5月開催回はすでに定員締切となってしまったため、6月・7月に追加回が設定された。

協働プロジェクト「Feelnote School」

2018年4月現在、協働プロジェクト「Feelnote School」への加盟校は全国の小中高大約30校となっている。各現場でeポートフォリオ活用の実践的な取り組みを進めながら、定期的に相互の経過報告を行っている。

Feelnote Schoolはeポートフォリオの実践的活用と、シンポジウム等を通じた国内外へのナレッジ共有を行っている。

「教育ポートフォリオ」研究会

日時

2018. 6/9(土)14:00~17:00(開場13:30)[東京] 2018. 7/7(土)13:30~17:00(開場13:00)[大阪] 2018. 7/28(土)14:00~17:00(開場13:30)[東京] ※お申し込みの時点で締切となっている可能性あり。あらかじめご了承ください。

 

参加費

無料(交通費は各自負担となります。)

対象者

小学校・中学校・高等学校教員・教育委員会・その他教育関係者
※当日は名刺をご持参ください。

主催:一般社団法人 日本アクティブラーニング協会/株式会社サマデイ
協力:一般社団法人 国際ポートフォリオ協会

背景

現在進行している教育改革において、eポートフォリオは、大学入試改革のモデルに組み込まれるなど、大きな役割を担っている。

グローバル社会を生き抜く人財を育成する目的で構想された教育改革・入試改革が、どのような方向性で実現していくかは、このeポートフォリオのありようによって決まると言っても過言ではない。

例えば、このツールが、国内でのみ通用するものであるか、グローバルスタンダードであるかは、後に決定的な違いを生む可能性がある。

そこで、世界標準の入試プラットフォーム「Universal College Application」と接続しているSNS型eポートフォリオ「Feelnote」が、eポートフォリオにおける重要な技術において新たな特許を取得したことをうけて、本特許技術を広く公教育の現場に提供することで、あるべき方向へと改革を推進する一助とするため、このような考えに賛同する学校を募り、サービスを無償提供することを決定した。

なお、Feelnoteは文部科学省の大学入学者選抜改革推進委託事業「JAPAN e-Portfolio」との連携も予定しており、国内海外を問わず全方位的に対応可能なeポートフォリオとなることを目指して開発されている。

Feelnoteは、JAPAN e-Portfolio、Universal College Applicationと連携。このほか、多面的・総合的評価を行うプラットフォームや教育機関とも連携している。

Feelnoteとは

SNS型eポートフォリオ「Feelnote」(www.feel-note.com)は、SNSで体験をシェアする感覚でライフログを蓄積することで、気軽に一生モノのポートフォリオが作成できるシステム。

現在、文部科学省/JASSO「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」や中高一貫校などに在籍する国内の中高生、大学生に活用されています。ハーバード大やプリンストン大など、米国の有名大学が採用し、日本の大学に展開予定の入試システム「Universal College Application」と連携する公認システムでもある。2018年1月より、iOS、Android対応のアプリをリリースし、新機能の追加等、継続的な開発を行っている。