学研、中学生白書Web版「中学生の日常生活・学習に関する調査」結果を公開

株式会社 学研ホールディングスが運営する学研教育総合研究所は、全国の中学生の各学年・男女100人ずつとその保護者(計600組)を対象にアンケート調査を行い、その結果を中学生白書Web版「中学生の日常生活・学習に関する調査」として公開した。

「中学生白書2017」調査カテゴリ

  • 日常生活について
  • メディア・情報通信機器について
  • 将来について
  • 学校での学習について
  • 学校以外での学習について
  • 習い事について
  • 学習参考書・問題集について

調査結果(学校以外での学習について)

「勉強でわからないことがある場合、どうしているか?」と尋ねたところ、最も多いのは「学校や塾の先生にきく」(63.5%)、次いで「保護者にきく」(49.5%)、「友だちにきく」(27.3%)という結果となった。一方、わからないことを「放置する(特になにもしない)」割合は少数ではあるものの、中学2年生男子は2割弱が該当し、同学年女子の4倍以上であることがわかった。

全体的な傾向としては、男女ともに学年が上がるにつれて「学校や塾の先生にきく」割合が高くなる一方、「保護者にきく」割合が低くなることがわかった。特に中学2年生は、女子の「学校や塾の先生にきく」割合が1年生と比較して著しく高くなり、男子の「保護者にきく」「友だちにきく」割合が著しく低くなる点が特徴と言える。このような 「先生」「保護者」「友だち」との付き合い方・距離感の変化は、中学2年生のみに見られる傾向となっている。

勉強でわからないことがあるときの行動

調査概要

  • 調査主体:学研教育総合研究所
  • 調査名称:中学生白書Web版「中学生の日常生活・学習に関する調査」
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査時期:2017年8月24日(木)~8月29日(火)
  • 調査対象者:中学生の各学年・男女とその保護者
  • 有効回収数:600サンプル(各学年・男女100名)
/col2]