コードキャンプ、オンラインプログラミング教室「CodeCampKIDS Online」を開始

コードキャンプ株式会社が運営する小学生・中学生向けプログラミング教室「CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)」は、2018年4月27日(金)より、オンラインのプログラミングスクール「CodeCampKIDS Online(コードキャンプキッズオンライン)」を開始する。

サービスの開始に先立ち、3月16日(金)に先行登録サイトが公開されている。

CodeCampKIDS Onlineとは

CodeCampKIDSは、プログラミングを学んで世界を変えていける子ども達を輩出することを目的に設立された、小中学生向けのプログラミング教室。

楽しく学べるビジュアルプログラミングや、本格的なゲーム、Webサービスやアプリ開発などを学ぶことができる。子どもたち一人ひとりの進度に合わせた、個別最適化された学習環境を実現している。

CodeCampKIDS Onlineでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボによって作られた入門者向けのプログラミング学習環境、Scratch(スクラッチ)を、CodeCampKIDSのオリジナル教材で学習することができる。

学習成果をオンラインで提出することができ、先生からの添削を双方向で受けることによりプログラミングの実践を学びへと繋げる仕組みを構築している。また、通常の教室と同じように受講生同士のコミュニケーション・交流を促すための専用SNSを設置。プログラミング学習を通じて作り上げた作品を、日本全国の受講生に発表することができるようになっている。

小学校でプログラミング教育が必修化される2020年に向けて教育機関で様々な取り組みが行われる一方、プログラミングの専門知識を持つ講師や教育機関によって提供される教育を受ける機会は不足しており、地域間でも格差が生まれている。CodeCampKIDS Onlineは、小中学生向けのオンライン・プログラミングスクールとして日本全国どこからでも通える環境を提供し、プログラミング教育の講師不足と地域格差の解消を目指すとしている。

CodeCampKIDS Onlineで身につくスキル

CodeCampKIDS Online サービス概要

カリキュラム内容

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが開発した「Scratch(スクラッチ)」でプログラミングを学ぶ。基礎的な概念を理解した後に、シューティングゲームやアクションゲームなど本格的なゲーム開発まで学習できる。Webサービス開発・Unityゲーム開発・アプリ開発コース等も順次開講していく予定。

サービス詳細

  • 学習形態:オンライン・スクール形式(映像教材/オンライン学習環境・講師による課題添削・専用SNSによる受講生同士の交流等)
  • 受講費用:3,980円(税抜)
  • 定員:なし(オンラインスクールのため生徒数の制限なく参加可能。)
/col2]