レアジョブ、オンライン英会話の法人事業拡大に伴い九州支社を設立

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」法人事業の拡大に伴い、九州支社を2018年4月3日に設立する。

レアジョブ九州支社設立の背景

企業のグローバル人材育成のニーズは、経済のグローバル化に伴い年々高まっている。オンライン英会話サービスを中心に、企業からの英語研修に関する問い合わせも増加しており、レアジョブのサービスは現在全国1,656社で導入されている。近年は首都圏以外の需要も高まっており、2016年に関西支社、2017年に中部支社を設立した。

九州地方は、近年製造業を中心に輸出依存度が全国と比較して高い傾向にあり、またアジアとの近接性も高いため訪日外国人数も増加している。こうした状況を受け、九州を拠点とした国内外双方でのビジネスにおいて英語力を中心にグローバル対応が可能な人材を集めることが、企業にとって急務となっている。

福岡に本社を持つ、西日本鉄道株式会社では、中期経営計画の基本方針に「グローバル市場での事業拡大」を据え、2017年より若手社員を中心に対象とした英語学習支援制度「グローバルチャレンジャー制度」を導入、2018年4月より「レアジョブ英会話」を同制度に採用し、グローバル人材育成の強化を図っている。

今回レアジョブが拠点を設立する福岡市は、国家戦略特区に選定されており、産業の国際競争力の強化、国際的な経済活動の拠点形成が進められていることから、海外企業のビジネス拠点としてポテンシャルの高い都市と考えられている。また、国際会議の開催やヨーロッパなどからの直行便就航などにより、訪日外国人の更なる増加も見込まれ、ビジネス・観光両面から英語対応のニーズが高まることが予想されている。

レアジョブでは、2016年の関西支社設立以降、九州を含む西日本の顧客への営業を強化してきたが、このような背景を受け、今回、九州支社の設立に至った。引き続き主要株主である三井物産との連携を最大限に活かし、九州地方の法人事業を強化すると共に、英語習得ニーズを持つ同地方企業のグローバル化を支援して行く方針を掲げている。

/col2]