Findアクティブラーナー、gaccoでオンライン講座「アクティブで深い学びのデザイン」開講

株式会社Findアクティブラーナー、国立大学法人大阪教育大学、株式会社ドコモgaccoの3社は、gaccoが運営する大規模公開オンライン講座「gacco(ガッコ)」を通じて、小学校・中学校・高校の教員を対象とした「アクティブで深い学びのデザイン」を2018年5月23日(水)より開講することを発表した。

受講者募集を2018年3月7日(水)15時より開始している。

「アクティブで深い学びのデザイン」開講の背景

昨今の教育業界では、学習者自身による主体的かつ対話的な学びである、「アクティブラーニング」が注目を集めている。アクティブラーニングにおいて学習者が自らの思考の深さや動きを実感できるようになるには、教師によるサポートが重要とされている。

「アクティブで深い学びのデザイン」講座では、アクティブラーニングの定義や期待される効果、教師の役割などの理論的要素と、教材開発・カリキュラムデザインなどの実践的要素の双方を解説する。講師は大阪教育大学大学院連合教職実践研究科 木原俊行教授、および東京大学大学院情報学環 山内祐平教授、同 池尻良平特任講師が務める。教師コミュニティ構築による、教師間の学びあいについても展望を示す。
なお本講座では、希望者を対象に、オンライン学習に対面授業を加えた「対面学習コース」の提供も予定している。Findアクティブラーナー、大阪教育大学、ドコモgaccoは「アクティブで深い学びのデザイン」講座を通じて、教師の専門的知識向上をサポートしたいとしている。

「アクティブで深い学びのデザイン」講座概要

  • 講座名:アクティブで深い学びのデザイン
  • 内容:学習者がアクティブに学ぶために教師ができる授業とカリキュラムのデザイン、および教師間の学びあい
    について学ぶ。

    • 第1週:アクティブで深い学びとは
    • 第2週:アクティブ・ラーニングに求められる教材
    • 第3週:アクティブ・ラーニングと ICT 活用の接点
    • 第4週:アクティブ・ラーニングのためのカリキュラム・マネジメント
    • 第5週:教師自身のアクティブ・ラーニング
    • 第6週:アクティブ・ラーニングの実践を持続的に発展させるために
  • 学習期間:6週間程度(学習時間は週2~3時間程度)

対面学習コースについて

gacco 対面学習コース イメージ

gaccoの一部講座では、オンライン学習だけでなく対面授業も行う有料の「対面学習コース」を提供している。オンライン学習(講義の動画やクイズ・レポートなど)で基本的な内容を学んだ後、オフラインの対面授業において講師や他の受講者とのディスカッションを行うことで、より深い学習となることを目的としている。

「アクティブで深い学びのデザイン」では、オンライン学習で学んだアクティブ・ラーニングの知識をもとに、「カリキュラム開発」や「授業開発」に焦点を当て、グループワークやディスカッションを行う予定。合格者には対面学習コースの特別修了証が発行される。

対面学習コース開催概要

  • プログラム期間:2018年5月23日(水)~8月15日(水)
  • 対面授業日時:2018年7月29日(日)13:00~16:00 (12:40 開場)
  • 対面授業会場:東京大学 情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター(都営大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩7 分 東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅 徒歩8分、東京メトロ千代田線「湯島」駅 徒歩20分、東京メトロ南北線「東大前」駅 徒歩10分)
  • 講師:
    • 大阪教育大学大学院連合教職実践研究科 木原俊行教授
    • 東京大学大学院情報学環 山内祐平教授
    • 同 池尻良平特任講師
  • 参加費:一般:5,000 円(税込) 教職員割引・学割(大学生以下):3,000 円(税込)
  • 定員:80 名(先着順)