デジタル・ナレッジ、四天王寺高校・中学校にAIを活用した英語教材「トレパ」を導入

導入実績1500超のeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジは、四天王寺高等学校・中学校と共同で、「人工知能(AI)を活用した英語四技能対策指導カリキュラム設計」における産学連携を開始した。

AIの活用法の共同開発の背景

教育ICTの領域では、教育メソッド・教材とそれを支えるICT設計の両立が必須とされている。AIの活用についてはその特性に応じたカリキュラムや指導ノウハウの構築が求められている。

この実現のため、四天王寺高等学校・中学校と、eラーニングで最新の技術を提供するデジタル・ナレッジが協同することとなった。四天王寺高等学校・中学校 英語科 教諭 大向雅士氏は、次のように述べている。

『大学入試・英語教育改革が目の前に迫ってきている今、本当に求められている授業や教材はどのようなものなのか?私たち人間にできることと、ICT教材・AIにできることを精査して、時代の大波に翻弄されない堅固な英語学習環境を構築しなければなりません。

そういう意味では、生徒個別にoutput型のトレーニングを実現するAIツール「トレパ」を教育現場に適切に導入して、生徒の取り組み方の質を向上させることが急務だと考えられます。教員のワークショップと生徒が参加した実証授業を通して、「トレパ」の活用法を研究開発できたらと願っています。』

トレパを活用した学習の様子

今後の展開

四天王寺高等学校・中学校の強みである充実した英語の指導実践をAIツール「トレパ」上で実現するために、年間カリキュラムに「トレパ」を使ったスピーキング指導を組み込む。学校現場における集団指導をAIツールによって効率化できるか、定期的な検証と報告を行う。報告の場として、共同でワークショップを開催する。第一弾として、2018年3月23日(金)に四天王寺高等学校・中学校にて実施する。

トレパ教材作成体験ワークショップ 概要

2018年3月23日(金)に、「トレパ教材作成ワークショップ」を四天王寺高等学校・中学校にて開催する。

本ワークショップでは、デジタル・ナレッジのAIツール「トレパ」のコンセプトの説明をはじめ、四天王寺高等学校・中学校で進行中の授業内でのトレパの活用事例について、実際に使用する教員による説明を予定している。

参加者には、トレパでの教材作成を実際に体験できるトライアルIDを発行する。

トレパとは

トレパは、教員のための「英語4技能対策授業」実現AIツール。教育現場では、「話す」「聞く」「読む」「書く」の英語4技能の対策に向けた環境づくりが進められている。一方、対策を進めるうえで、教員の指導時間不足や教材作成の負担などが懸念されている。トレパはAIを活用して授業を支援し、教員の負担を軽減することができる。

英語学習サービス一覧

オンライン英会話サービス

パーソナルコーチング・トレーナー型英語学習サービス

オンライン・スマホで英語学習

子ども向け英会話・英語学習サービス