学研、見守り支援ロボット「Kibiro」を活用した家庭学習の促進に関する実証研究を開始

株式会社学研ホールディングスグループにおいて教室・塾事業を展開する連結子会社、株式会社学研塾ホールディングスと、株式会社FRONTEOの100%子会社で人工知能を活用したデジタルコミュニケーション事業を展開する株式会社FRONTEOコミュニケーションズは、自立型個別学習塾「G-PAPILS」において、見守り支援ロボット「Kibiro(キビロ)」を活用した家庭学習の促進に関する実証研究を3月中旬より開始する。

Kibiroを活用した実証研究の背景

今回の取り組みでは、学研グループの学習塾に通う生徒を対象に、Kibiroを活用して家庭学習の支援・促進を行い、その効果を検証する。

従来、家庭学習を遠隔でサポートするメンターが学習用タブレットアプリの起動状況や電話を掛けて確認していた生徒の学習状況を、Kibiroのコミュニケーション機能や、カメラを使った撮影機能(ストリーミング映像)を活用して、リアルタイムで効率的に把握する。ポイントを絞って介入・指導することで「生徒の学習習慣の定着」と「メンターの負荷軽減」の実現を目指す。

Kibiroを活用した家庭学習促進の概要

  • 予め立てた学習計画をKibiroに設定し、家庭の学習机等に設置。
  • 学習の予定時刻になると、Kibiroが自動的に学習開始を呼びかけ、生徒に着席を促す。メンターは、塾内からストリーミング映像で、担当生徒が着席し学習を開始したかを確認。
  • 生徒はメンターがKibiroを通じて見守っている安心感や緊張感の中で、集中して課題に取り組む。メンターに相談したい場合は、Kibiroに向かって専用の合言葉を話すと相互コミュニケーションモードに。
  • メンターは、生徒の状況をストリーミング映像や、チャットで把握。担当する生徒が複数いても、サポートが必要な生徒やタイミングを適宜判断し、効果的なサポートが可能。

本実証研究は、神戸・博多エリアにある学研グループの学習塾に通う中学1、2年生の一部を対象に、約1か月間実施する。その結果を踏まえ、今後の本格展開を検討する。

Kibiroを活用した家庭学習促進のイメージ

G-PAPILSとは

G-PAPILSは能動的に学習に取り組み、自己調整学習ができる「優れた学習者」の育成を目的とした、学研の自立型個別学習塾。学研の教材コンテンツとKnewton社のアダプティブ・ラーニング・テクノロジーを連動させることにより、学習者一人ひとりに最適な単元と難易度のレコメンドが可能となった。また、取り組んだ課題プリントの正誤情報をもとに、AIが個々の学習者の理解度を分析し、理解度向上のための教材レコメンドを行う。理解度分析と教材レコメンドを繰り返すことで、学習者の現状と目標までの道筋を明示する。

Kibiroとは

KibiroはFRONTEOコミュニケーションズが開発・販売するコミュニケーションロボット。離れた場所で暮らす家族のコミュニケーションのサポートや、日常に役立つ情報提供などを行い、利用者のライフパートナーとして期待される