CA Tech Kids、「Kids Creator’s Studio」成果報告会を開催

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsは、アドビ システムズ 株式会社と共同で、小学生向け「プログラミング教育×クリエイティブ教育」によるクリエイター育成に取り組んだ「Kids Creator’s Studio」の成果報告会を2018年3月27日(火)開催する。

Kids Creator’s Studioの概要

「Kids Creator’s Studio」は、テクノロジーとクリエイティビティを学びながら「アイデアを実現する力」を育み、「未来の創り手」を育成・輩出することを目的とした、小学生向けのスタディプログラム。同プログラムは、2013年から小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」を運営し、子どもを対象にプログラミング教育を提供してきたCA Tech Kidsと、PhotoshopやIllustratorなどのクリエイティブツールを提供しているアドビの2社の連携により、2017年8月に発足した。
2017年10月にプログラムが本格的にスタートし、選考で選ばれた小学3~5年生の男女計5名の生徒を対象に、プログラミング言語「swift」を用いたiPhoneアプリ開発の学習、PhotoshopやIllustratorなどの各種クリエイティブツールのレクチャー、サイバーエージェントのチーフデザイナーによるデザイン講義等を実施してきた。現在は、生徒自身が考案したアイデアにもとづき、オリジナル作品の開発・制作に取り組んでいる。

Kids Creator’s Studio 講座の様子

Kids Creator’s Studioの成果報告会について

今回開催する発表会では、半年間延べ100時間にわたるスタディプログラムを終えた5名の生徒が登壇し、自身の開発した作品についてプレゼンテーションするほか、本プログラムを通して学んだことや自身の成長、これからの展望について発表する。発表会の入場は無料で、プログラミング教育やクリエイティブ教育に関心のある教育関係者の方々のほか、一般の方も観覧することができる。

「Kids Creator’s Studio」では、テクノロジーとクリエイティビティの両方について教育プログラムを提供し、自らのアイデアを自らの力で実現できる人材、使い手の立場に立って社会に必要とされるモノづくりができる「未来の創り手」の育成を方針に掲げてきた。CA Tech Kidsの運営する小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」では、今後、「Kids Creator’s Studio」のスタディプログラムをベースとした新しいカリキュラムを順次導入し、より多くの子どもたちがハイレベルなクリエイター教育を受けられるよう、環境を整備していく方針を示している。

CA Tech Kidsとアドビは、日本の将来を担う創造的な若者の育成に引き続き尽力していくとしている。

Kids Creator’s Studio「未来の創り手」成果報告会 – Final Presentation Day – 概要

  • 日時:2018年3月27日(火)13時30分~15時30分 予定
  • 会場:ゲートシティ大崎 ホールB(JR山手線大崎駅 南改札口から徒歩3分)
  • 内容:
    • 13:00 開場
    • 13:30 第1部 オリジナル作品プレゼンテーション
      5名の小学生が自身の開発したiPhoneアプリや、プログラムを通した気づきや成長についてプレゼンテーション
    • 14:45 第2部  Talk Session
      5名の小学生とゲストを交え、デザインやモノづくりの楽しさ、これからの「プログラミング教育×クリエイティブ教育」についてトーク
    • 15:30 終了予定