シェアウィズ、ベトナム人の犯罪防止の啓蒙を目的とした動画を配信。大阪府警と連携

株式会社シェアウィズは、大阪府警と連携し、2018年2月22日から、同社が展開するオンライン教材配信サービスShareWis(シェアウィズ)上で、ベトナム人の犯罪防止の啓蒙を目的とした90秒動画の配信を開始した。

大阪府警との連携の背景

外国人留学生や技能実習生の銀行口座の不正な転売が増加している。

各種SNSや口コミを通じて、銀行口座の売買が行われ、不正送金や振込詐欺に悪用されている。特に近年はベトナム人名義の銀行口座の売買が急増しており、違法行為と知らずに口座を売買している留学生や実習生もいると見られる。こうした状況を踏まえ、大阪府警は銀行口座の不正な売買を防止するため、留学生や実習生を対象に啓蒙活動を進めてきた。

「90秒で分かる銀行口座の売買は犯罪です」動画の一部

ベトナム人による犯罪防止の啓蒙活動の概要

シェアウィズは、動画ベースのオンライン学習コンテンツを無料、有料で配信するプラットフォームサービスShareWisを国内外で展開している。社会人をターゲットにしたプログラミングやビジネススキルを学べる講座のほか、外国人向け日本語講座を取り揃え、ベトナムを中心に、現地の一般個人や日本語学校、ベトナム人従業員を雇用する日系企業等に販売している。

シェアウィズは大阪府警と連携し、口座売買が違法であることを説明する90秒動画を作成し、犯罪防止の啓蒙活動を展開する。作成した動画は、ShareWisや各種SNSに掲載するとともに、ShareWisの日本語講座を受講しているベトナム人従業員を雇用する企業等に広く展開する予定。