N高、地域のおもてなしマインドを育成するプログラム「The OMOTENASHIワークショップ」を開発

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、三重県南牟婁郡紀宝町と提携し、地域のおもてなしマインドを育成するプログラム「The OMOTENASHIワークショップ」を開発。2018年2月24日、25日、3月10日、11日の4日間で開催する。

The OMOTENASHIワークショップ 概要

同ワークショップにおいて、参加者はフィールドワークやグループワークを通じて地域ならではの魅力を再認識し、海外から訪れた観光客への「おもてなし」を考え、ガイドツールやマニュアルの開発に取り組む。

N高は、こうしたワークショップを地域内で継続的に実施していくことにより、地域の住民主体のおもてなしマインドの醸成や、交流の拡大、観光客の満足度向上による地域への再訪問を目指す。

N高生が参加したワークショップの様子

近年、訪日外国人の数は高い伸び率で推移し、全国でインバウンド対策への取り組みが活発化している。三重県紀宝町でも外国人観光客が増加傾向であることから、受け入れ環境の整備が急務とされていた。全国的には事業者主体のインバウンド対策が多い中、紀宝町では地域住民が主体となって観光客をおもてなしする、地域全体の「ガイドマインド」の育成に取り組む。

「The OMOTENASHIワークショップ」では、企業がサービス設計をする際などで活用されている「カスタマージャーニーマップ」の手法を用いる。これまでに紀宝町に訪れた観光客の情報をもとにペルソナ※を設計し、「おもてなし」する側である住民が、外国人観光客の立場に立って紀宝町の地域の魅力を再認識する。

限られた観光資源の中で、訪れた人の「心」を掴むために何が必要なのかをフィールドワークやグループワークを通じて分析し、観光リーフレットやガイドマニュアルなどを作成する。紀宝町は、今回のワークショップを起点に、外国人旅行者向けのボランティアガイドを組織化し、将来的にはガイドマインドあふれる持続可能なコミュニティとしていくことを目指す。

N高は2016年4月の開校当初より全国の地方自治体と連携し、職業体験プログラムやプロジェクト学習の開発・実施を進めており、紀宝町では職業体験として「川舟・船大工」を学ぶプログラムを実施してきた。

今回のプログラム開発にあたっては、ワークショップ研究の第一人者である東京大学大学院情報学環 特任助教の安斎 勇樹氏と自身がCEOを務める株式会社ミミクリデザインの監修を受けている。N高は、今回の実施の結果を経て、他の地域でも転用することが可能なワークショッププログラムに昇華することを目指す。

※ペルソナ:サービスや商品の典型的な ユーザー像のこと。主にマーケティングで用いられる。

The OMOTENASHIワークショップ イベント詳細

  • 日時 :<第1週目>2018年2月24日(土)、25日(日)
    <第2週目>2018年3月10日(土)、11日(日)
  • 場所 :三重県南牟婁郡紀宝町 紀宝町役場2階「大会議室」(〒519-5701 三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324)
  • 参加者:紀宝町の地域住民(大人、中高生)、N高生、日本人大学生、外国人留学生
  • 内容 :
    • 情報の整理と共有(レクチャー)
    • フィールドワーク(ペルソナ分析・現地調査)
    • グループワーク(観光客向けツールの作成)
    • プレゼンテーション(成果物の発表)など