みんなのコード、無料プログラミング教材「プログル 平均値コース」の提供を開始

NPO法人みんなのコードは、2020年に全国約2万校の小学校で必須となるプログラミング教育の支援を目的に、授業で活用できる無料プログラミング教材「プログル 平均値コース」の提供を開始する。

同教材は、2017年4月の提供開始以来、延べ約6万人が利用している「プログル 公倍数コース」、「プログル 多角形コース」の続編として提供されるもの。2018年2月20日(火)より、みんなのコードが運営するプログル公式サイトにて、教材および指導案の配布を開始した。

「プログル 平均値コース」概要

小学校5年生の「算数」で取り扱う「平均値」は、いくつかの数量の合計を個数で割って、ならして等しくし、その大きさ(平均)を求める概念。

「プログル 平均値コース」では、生徒はロボットキャラクター「グラミン」と共に、ラボ(研究所)で飲料水の量や卵を重さを計るプログラミングを通じて、「平均値」の概念を学びながら、プログラミングの基本要素である「順次処理」「条件分岐」「繰り返し」の3つを学習することができる。

また、ステージが進むごとに、「10本のジュース」「30個の卵」「100人の記録」と計算するデータの個数が増加する。平均の概念を正しく理解し、正確なプログラミングがされていれば、多量のデータであっても素早く計算でき、一度考えたプログラムを繰り返し使用できるという、コンピュータが得意とする領域を、教材を通じて体感することができる。

「プログル 平均値コース」の画面(左)と、キャラクターの「グラミン」(右)

「プログル」とは

「プログル」は、高度なプログラミング知識がなくとも、小学校の教員が、各教科の45分間の授業の中で活用できるよう設計されたプログラミング教材。

2020年から全国の小学校で開始されるプログラミング教育は、ICTの専門家ではなく、各学校の教員により、「算数」や「理科」などの教科内や「総合的な学習の時間」において実施される。プログラミングに関する専門知識を持ち合わせない教員が、既存の汎用的なプログラミング教材を用いて授業を行う場合、その準備や授業の運営に労力がかかると予想されていることから、みんなのコードでは授業内で負担なく実践できる「プログル」を開発・提供している。

「プログル」の特徴

  • 文部科学省「次期学習指導要領」にて推奨されている「教科×プログラミング」に対応し、「算数」の「公倍数単元」「多角形単元」「平均値単元」を学びながら、プログラミング体験ができる。
  • 実際の45分間の授業での利用を想定した教材。教員用の「指導案」や、「プログル」の利用経験がある教員からのアドバイスを受けられる機会も提供される。
  • インストール不要、ログイン不要、利用費用も無料のため、授業に取り入れる際に、特殊なICT設備がない学校でも利用可能。

その他の「プログル」コース

  • 「多角形コース」
    小学校5年生の「算数」で取り扱う「多角形」を学びながら、プログラミングを体験できる教材。文部科学省の「次期学習指導要領」に準拠し、「キャラクターが図形を描く」といったプログラミングにより、多角形の性質について学ぶことができる。上級編として、正方形や正三角形、書きたい図形を自由に描けるシーンも用意されている。プログラミングの基本要素である「順次処理」「繰り返し」の2つを身につけることができる。
  • 「公倍数コース」
    小学校5年生の「算数」で取り扱う「公倍数」を通じて、プログラミングを体験できる教材。「1〜30までの数字をキャラクターが数える」、「特定の数字で割り切れる場合には、キャラクターが言葉をしゃべる」といったプログラミングにより、公倍数の性質に親しみながら、プログラミングの基本要素である「順次処理」「条件分岐」「繰り返し」の3つを身につけることができる。

みんなのコード 今後の展望

みんなのコードは、2020年までの3年間の間に、全国40万人の教員が無理なくプログラミング教育を授業で実践できる環境の整備を支援することを目的に、「プログル」をはじめとしたプログラミング教材を多学年、他教科を対象に開発・提供していくとしている。

加えて、みんなのコードは、2021年3月末までの3年間で、全国10都市において30回以上の「プログラミング指導教員養成塾」を開講し、全国で計2,000人のプログラミング指導教員を養成する計画を掲げている。これらの活動を通して、最終的には全国200万人の小学生がプログラミング教育に触れる機会を創出する。