ロイロ、スマホ・タブレット用授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」容量を無制限に

2018年2月16日、株式会社ロイロは、スマホ・タブレット用授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」の1人1台プランの保存容量の制限を撤廃し、無制限とすることを発表した。

これまで1人1台プランには、1ユーザー当たり15GBの保存容量の制限があった。

「ロイロノート・スクール」容量無制限化について

「ロイロノート・スクール」のプラン内容

「ロイロノート・スクール」は、スマホやタブレットに対応した授業支援ツール。

現在、全国500校以上の学校で導入され、双方向型授業での利用による学習効果が報告されている。今回の「ロイロノート・スクール」容量無制限化により、利用者は学校教育に必要な資料や生徒が作った作品などを容量に関係なく保存できるようになる。共用タブレットプランに関しても、1ユーザー当たり0.8GBから30GBへ増量することとなっている。

また、2018年の4月からは、卒業後でも在学中に自分が作ったノートを参照できるようになる。かねてより卒業後も学習成果物へアクセスしたいという要望があった。 卒業後の生徒アカウントは、データの参照はできるものの、新たな授業への参加は不可能となっている。学校の運用方針によっては利用できない場合もある。

ロイロでは、生徒の卒業後も「ロイロノート・スクール」を学習ポートフォリオや思考ツールとして利用できるよう、改良を続けていく。