GABA、「Gabaマンツーマン英会話」を全国124校に拡大。「COCO塾」ブランドと統合

株式会社GABA(ガバ)は、同社の親会社である株式会社ニチイ学館が全国で運営する大人向け英会話「COCO塾」80校を、2018年2月1日(木)より「Gabaマンツーマン英会話」ブランドとして順次リニューアル開校する。

これにより、関東、関西、中部、九州エリアで44校を運営してきた「Gabaマンツーマン英会話」は、全国124校に拠点を拡大する。

「COCO塾」の「Gabaマンツーマン英会話」への統合の背景

急速にグローバル化が進むなか、子供からシニアまで幅広い世代で英会話学習の機運が高まっている。

その一方で、技術革新による新たなサービス導入や事業再編、異業種からの新規参入など、語学市場をとりまく環境も変化している。

多様化するニーズへの対応強化を図るため「Gabaマンツーマン英会話」と「COCO塾」、それぞれの事業展開で培ってきたノウハウや強みを最大化するべく、大人向けサービスをマンツーマンの「Gabaマンツーマン英会話」に、子供向けサービスをグループレッスン中心の「COCO塾ジュニア」にブランド統一することとなった。

各ブランドをそれぞれの年代・学習形態に特化させることで、利用者のニーズに即応できる体制を整えていくとしている。

新規開校エリアとスクール数 (カッコ内の数値はGabaマンツーマン英会話既存スクール数)

新規開校する80校は、旧「COCO塾」の教室を使用する。また、一部を除き、同一教室内で「COCO塾ジュニア」のサービスも提供する。
Gabaは新たな出店エリアにおいても、これまでと同様に利用者の英語力上達にこだわり、そのニーズに応えられるよう努めていくとしている。