Edulab、AIを活用した手書き文字のテキストデータ化サービス「DEEP READ」を開始

EdTech事業およびAI事業を展開する株式会社EduLabは、2018年1月18日、ディープラーニングに基づくAIを活用した手書き文字のテキストデータ化サービス「DEEP READ」の販売を開始した。

​「DEEP READ」開発の背景

顧客データや各種申込書など、膨大なデータを紙で管理している企業・団体は多数存在するものの、近年の業務効率化に向けたニーズの拡大や、データベースの有効活用の観点から、紙データのデジタル化に対する需要が拡大している。

一方で、従来型の「OCR(光学的文字認識)」技術では、活字については高い精度でデータ化ができるものの、形にばらつきがある手書き文字の認識精度は低く、これまでは人力による打ち込み(パンチ入力)作業に頼ったデータ化が一般的だった。多くの企業・団体は、手書き文字の入力作業を海外などにBPO(外部委託)しており、そのために時間的・費用的コストがかけられてきた。

「DEEP READ」を利用した手書き文字の読み取り

「DEEP READ」の概要と今後の展望

こうした状況を受け、Edulabでは従来型のOCR技術とは異なる、ディープラーニングに基づくAI(人工知能)を活用した文字認識技術の研究開発を行ってきた。

今回、枠線内に書かれた単文字に加え、「部首」や「つくり」が組み合わさった複数文字の認識も可能となり、認識精度も9割以上の精度でデータ化に成功することが確認されたため、手書き文字のデータ化サービス「DEEP READ」のリリースに至った。

またEdulabは、2020年に予定されている学習指導要領の改訂を機に、教育業界で需要が増加することが予想されている記述式答案の採点業務の効率化に貢献するとともに、業種・職種を限定せず、幅広くサービスを提供していく。