ベネッセ、ぐんぐんとの資本業務提携強化でオンライン英会話事業を拡大

株式会社ベネッセホールディングスは、オンライン英会話サービスを提供する株式会社ぐんぐんと2015年に資本業務提携を行い、ベネッセの子会社である株式会社ベネッセコーポレーションの学校向け事業を中心に、オンライン英会話事業を展開している。

今回ベネッセは、ぐんぐんの発行済株式を追加取得した。これにより、出資比率は現状の11.8%から34.1%となる。ぐんぐんとの資本業務提携の拡大により、ベネッセコーポレーションは、オンライン英会話事業領域のさらなる強化を図るとしている。

日本の英語教育の変革

グローバル社会で活躍する人材育成を目指し、日本の英語教育は、これまでの「読む・聞く」力に加えて「書く・話す」力も重視するようになるなど、変革期を迎えている。

2020年度からの小学校5・6年生での英語教科化、2019年度からの中学校3年生を対象とする全国学力学習状況調査での英語4技能試験の導入、2020年度からの大学入学共通テストにおける英語4技能を測る外部資格検定の利用など、小・中・高の各段階において英語4技能の育成・指導・評価が導入されることとなっている。

ぐんぐんの英会話サービス イメージ

資本業務提携強化の背景

英語4技能の育成が重視される中、最も育成ニーズが高く、課題となっているのがスピーキング力だとされている。ぐんぐんは、「たくさん話す」=「アウトプットする」ことで本当に「話せる」英語を身につける、というコンセプトのもと、世界で3番目に英語人口の多いフィリピンの講師と生徒をオンラインでつなぎ、マンツーマンのオンライン英会話レッスンを提供している。

ネットカフェや講師自宅からではなく、専用のコールセンターに講師を集めて授業を提供する形式をとることで、安定した通信環境の下、講師管理・情報共有を徹底し、質の高いレッスンを実現した。

こうした同社の事業姿勢・コンセプトが、良質で実践的な英会話サービスを提供したいというベネッセコーポレーションの考えと一致し、現在、ベネッセコーポレーションの中学・高校向け「Online Speaking Training(OST)」において、業務提携を行っている。

「ぐんぐん英会話」とベネッセのカリキュラムを組み合わせることで、OSTの学校授業での実施は、2017年度で100校、受講生徒数は1万7,000人を超えた。また、東京都教育委員会「ICTを活用したスピーキング力向上」の取り組みでは、都立高校等指定校22校に対して、2016年度より、ぐんぐんと共同でOSTを提供している。

今後は、通信教育の「進研ゼミ」などにおいてもぐんぐんと連携を予定している。

今回の連携強化により、ベネッセは学校現場や校外教育で、子どもたちの「実践的で使える英語力」を育成し、自分の話す英語が「伝わる実感」をもつことができるよう、サポートを行っていくとしている。