コードタクト、授業支援システム「schoolTakt」のAndroid版の提供を開始

株式会社コードタクトの提供する授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」が、Android版の提供を開始した。

これまでのブラウザ版とiOS版に加えてAndroid版を提供することで、Android端末でもブックマークの手間なく運用できるようになった。また学校環境にタブレット端末などがない場合も、BYODとして生徒自身が持っているAndroid端末で利用できるようになった。

BYODとは「Bring Your Own Device」の略語で、個人所有の端末を持ち込み活用することを指す。

また、2017年7月に追加した日本語以外の「英語」「한국어(韓国語)」「简体中文(中国語)」に加え、「 繁体中文(中国語)」にも対応した。

授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」について

schoolTaktは、iPad、タブレット、ノートPCなどで利用できる授業支援システム。生徒の学習状況をリアルタイムに把握できるほか、生徒同士の解答を共有することもでき、協働学習やアクティブラーニングの導入に活用可能となっている。

クラウド上には4,000以上の教材が用意されており、PDFの教材や写真をアップロードすることで、視覚支援教材やドリルなどを作成することもできる。Webブラウザがあれば利用できるため、ソフトウェアのインストールやメンテナンスの手間や、生徒全員で同一の端末をそろえる必要がない。

  • 2016年:第13回日本e-Learning大賞 EdTech特別部門賞受賞
  • 2017年:第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門奨励賞受賞
  • 総務省先導的教育システム実証事業に採択。30,000人以上のユーザーが利用。

schoolTakt Android アプリ詳細

アプリ名 : schoolTakt
対応機種 :Androidバージョン 5.0以降
価格 : 無料
カテゴリ : Android 教育
※本アプリの利用には、あらかじめ「schoolTakt」のサービス契約が必要。

「schoolTakt」iOS版はこちら

[appbox appstore 1261300289]

「 繁体中文(中国語)」への対応

schoolTakt 繁体中文(中国語)イメージ

schoolTaktは、2017年7月にリリースした「英語」「한국어(韓国語)」「简体中文(中国語)」に加え、今回「 繁体中文(中国語)」への対応を行った。
多言語対応を行うことで、海外の学校、国内のインターナショナルスクールスクールなど、様々な学校での協働学習への利用を目指す。