岐阜県の教員採用試験の特徴、倍率、受験資格、給与・待遇、おすすめの参考書、問題集、試験対策は?

教師・教員になるためには、各自治体で行われる教員採用試験を受験し、合格する必要があります。

今回は岐阜県の教員採用試験についてまとめました。

岐阜県教員採用試験の特徴

岐阜県の教員採用試験は、以下のようなスケジュールで行われます。(参考: 岐阜県公立学校教員採用選考試験日程等のお知らせ)

日程 内容
5月上旬 実施要項等の配布開始
5月下旬 願書提出期間
7月下旬 第1次選考試験
8月上旬 第1次結果通知
8月下旬 第2次選考試験
10月上旬 第2次結果通知
翌年4月〜 採用

岐阜県の教員採用第1次試験では、教職教養及び教科専門の「筆記試験」と、集団面接試験の「面接試験」を受けます。

1次選考を突破すると、第2次試験に進むことができます。第2次試験は校種区分によって試験科目が異なります。以下は平成28年度に実施された、第2次試験の受験科目一覧表です。

区分 第2次試験内容
小学校 「適性検査」「論文」「論述」「面接」「実技」(デッサン・マット運動・ボール投げ・縄跳び・ピアノ弾き歌い)
中学校 「適性検査」「論文」「論述」「面接」「実技」(実技試験の内容は、第2次試験対象者にのみ通知)
高等学校 「適性検査」「論文」「面接」「実技」または「記述」(実技試験対象科目は英語、保健体育、音楽、美術、家庭。その他は記述試験。)
養護教諭 「適性検査」「論文」「論述」「面接」「実技」(保健指導等)
栄養教諭 「適性検査」「論文」「論述」「面接」「実技」(給食管理・食に関する指導等)
特別支援学校教諭 「適性検査」「論文」「論述」「面接」

どの区分にも面接試験が課されますが、内容は異なります。小・中・養護・栄養教諭志願者は、「個人面接・プレゼンテーション・グループワーク」を受けます。高・特別支援学校教諭志願者は「個人面接・集団討議」に取り組みます。

ここまでは岐阜県の教員採用試験一般選考についてお話しました。岐阜県には一般選考の他に、一般枠と併願できる「特別枠」、特定の資格等保持者が志願できる「特別選考」、「試験の免除等」制度があります。

はじめに特別枠についてです。特別枠は小学校で「特別支援学級・算数・理科・英語」、特別支援学校で「数学・理科・家庭・商業」の枠が用意されています。この枠で応募すると、まずその枠の応募者でのみ選考されていきます。もしその枠からもれてしまった場合でも、再度一般枠で選考されます。特別枠にはその枠に対応した免許、もしくは資格が必要です。また第1次試験にて、その枠に関する問題が追加で課されます。

次に特別選考についてです。特別選考の種類は、小学校が「多文化共生」、中学校が「障がい者・多文化共生・スポーツ」、高等学校が「障がい者・英語・スポーツ・理工系」です。それぞれ対象区分や、資格が異なります。例えば小・中学校の「多文化共生特別選考」は、日常レベルのポルトガル語もしくはタガログ語の語学力を持っている方が対象です。

試験の免除等は、現職の教員の方や教職大学院に通っている方、前年度1次試験合格者、英語資格保持者などの方が対象です。条件を満たした方は申請をすることで、第1次試験のすべてもしくは一部が免除となります。

岐阜県の教員採用試験の倍率

以下はすべて平成29年度に実施された選考結果から計算しました。

参考:平成30年度採用岐阜県公立学校教員採用選考試験出願状況

小学校一般・・・2.8倍

中学校

  • 国語・・・2.7倍
  • 社会・・・5.3倍
  • 数学・・・2.6倍
  • 理科・・・2.2倍
  • 音楽・・・4.3倍
  • 美術・・・3.4倍
  • 保健体育・・・5.6倍
  • 家庭・・・4.8倍
  • 英語・・・3.7倍

高等学校

  • 国語・・・4.8倍
  • 地理歴史(地理)・・・2.8倍
  • 地理歴史(日本史・世界史)・・・6.6倍
  • 数学・・・6.8倍
  • 物理・・・15倍
  • 化学・・・8倍
  • 生物・・・14倍
  • 英語・・・3.2倍
  • 保健体育・・・10.3倍
  • 美術・・・8倍
  • 家庭・・・3.4倍

岐阜県教員採用試験の受験資格について

一般選考では、志願区分に応じた教員免許を取得済み、あるいは取得見込みであれば大丈夫です。

ただ、特別枠や特別選考制度で受験する人はそれぞれに必要な要件があります。

岐阜県の教員の待遇(初任給)について

岐阜県の教員初任給は、修士課程の方が246,360円、大卒の方が222,560円、短期大学卒の方が195,432円です。
ここに扶養手当、住居手当、通勤手当などの諸手当が加算されます。

岐阜県の教員採用試験にオススメの参考書・問題集は?

岐阜県の教員採用試験の対策を行う上でオススメの参考書や問題集です。

1次試験では「教職教養」「専門教科」「集団面接」、2次試験では「適性検査」「論文」「面接」「実技」(「論述」,「記述」)が行われます。試験前はそれぞれの対策を行っておきましょう。

参考資料

モチベーションアップに!教師・教員・先生をテーマにしたおすすめ映画のまとめ

2018.07.20

教員志望者の息抜きに!教師・先生をテーマにした漫画・コミックまとめ

2018.07.15