MoMA Design Store、教育用ロボット「Ozobot Evo」の先行販売を開始

ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Storeは、2018年2月10日(土)より、世界最小プログラミング教育ロボット「Ozobot」の新機種「Ozobot Evo」の先行販売を開始した。

Ozobotとは

Ozobotは、2015年に米国Evollve Inc. により発売された小型ロボット。「ライントレース」と呼ばれる機能を備え、紙やタブレット上に書かれた線を辿って自動走行する。色を組み合わせたカラーコードを読み取らせることで、「右に曲がる」「一時停止」といった制御を行うことができる。

さらに、ブロックプログラミング環境「OzoBlockly(オゾブロックリー)」を用いることで、タブレットやPC上で作成したプログラムを読み込ませてより複雑な操作をすることも可能。さらに、JavaScript プレビューモードによってテキスト型言語の参照もできる。オゾブロックリーはブラウザアプリであり、Mac OS X、Windows、Linux、iOS、Androidに対応している。

Ozobot Evo

新機種 Ozobot Evoの概要

  • 商品名:Ozobot Evo(クリスタルホワイト/チタンブラック)
  • 販売価格: 各税込15,800円(税抜本体価格:14,630円)
  • 発売日:2018年2月10日(土)
  • 推奨年齢:8歳以上
  • 対象店舗:全国のMoMA Design Store 8店舗

Ozobot Evoの新機能

  • スピーカーによる音声の再生
    音を再生したり、喋らせたりすることが可能(英語のみ)。
  • 近接センサーによる周囲の物体の検知
    物体に近づいたり遠ざかったりするようにプログラミングができる。
  • Bluetooth による遠隔操作
    スマートフォンアプリを通じてラジコンのように操ることや、Ozo Blockly で作成したプログラムを転送することができる。
/col2]