プロキッズ、KDDI主催の「聴覚障がい者向けIT教室・2018」を支援

株式会社プロキッズは、KDDI株式会社主催のろう学校に通う生徒を対象とした「聴覚障がい者向けIT教室・2018」において、アプリの企画・開発や当日の講師を務めるなど、昨年に引き続きイベントを支援する。

「聴覚障がい者向けIT教室・2018」は、KDDIオフィスにて、2018年3月17日(土)~18(日)の2日間行われる。ろう学校に通うプログラミング初心者の生徒たちが、聴覚障がい者向け「音声認識アプリ」を自ら制作する。

「聴覚障がい者向けIT教室・2018」イベント概要

「聴覚障がい者向けIT教室・2018」は、ろう学生を始めとした関係者が、日常生活をより快適に過ごせるようにするため、同じ悩みを抱えるろう学校の生徒たちが自ら解決策を見出すことを目指すイベント。

今回のイベントでは小型PCのRaspberry PiによるIoT(モノのインターネット)技術を活用し、リモートで音声認識された文字を瞬時にスマホへ表示するアプリを開発する。完成したアプリは、最終日に生徒たち自身に試してもらい、健聴者と同じように授業がリアルタイムで学べる、将来の教育のあり方を体感することを目指す。

プロキッズでは、障がい者の雇用の選択肢が少ないという社会課題に対しても問題意識を抱えており、ろう学校の生徒達へのIT教育を通して障がい者の職業の選択肢を広げるきっかけ作りができれば、と考えている。

イベントで開発する「音声認識アプリ」を使用した授業のイメージ

「聴覚障がい者向けIT教室・2018」のイベント詳細

  • 日時:2018年3月17日(土)~18日(日)9:00~18:00
  • 場所:KDDIオフィス(東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー)
  • 内容:「聴覚障がい者向けIT教室・2018」~音声認識アプリを作ろう~
    • IoTの基礎
    • 「音声認識アプリ」制作〜発表
  • 対象:東京都立中央ろう学校に通う中高生
  • 主催:KDDI株式会社
/col2]