花まるラボの「Think!Think!」のカンボジアへの導入がJICA中小企業支援事業に採択

株式会社花まるラボは、同社が開発・運営する子ども向け思考力育成アプリ「Think!Think!」を用いたカンボジアにおける提案事業が、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「2017年度第2回 中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」に採択されたことを発表した。

「Think!Think!」を用いたカンボジアへの提案事業の採択の背景

花まるラボの思考力育成アプリ「Think!Think!」は、現在世界50か国以上に40万ユーザーを持つ知育アプリ。2017年にはGoogleによるアプリ表彰を世界/日本にて受賞した。

今回、JICAが毎年2回公募を行なっている「中小企業海外展開支援事業」の採択を受け、「Think!Think!」とその知見を活用して、カンボジア王国における思考力教育の導入事業を手がけることとなった。

カンボジアでは、主にポル・ポト政権時代に多大な打撃を受けた教育環境の整備、学力の向上が国家の最優先課題となっている。2014年の高校卒業試験の合格率はわずか26%だった。

「Think!Think!」、ならびに同教材に用いられている教育的な知見は、カンボジアの抱える教育課題の解決を幼少期の教育からサポートできる可能性があると評価され、今回の採択に至った。

花まるラボは「世界中の子どもたちに教育を届け、意欲格差を解消する」ことをミッションに掲げている。今回の採択事業は、そのミッションを体現する可能性を持つ事業として取り組みを進めるとしている。

The app was not found in the store. 🙁 #wpappbox

Links: → Visit Store → Search Google

カンボジア 教育・青少年・スポーツ省との会見

今回の採択を受け、2018年1月12日にカンボジア王国 教育・青少年・スポーツ省(Ministry of Education Youth and Sports)と会見を実施。ハン・チュオンナロン大臣より、カンボジアにおける教育の現状、STEM教育や問題解決能力の育成の重要性が示されたほか、Think!Think!を用いた導入実験への期待と全面的な協力が表明された。

左:花まるラボ代表 川島慶 氏、右:ハン・チュオンナロン大臣

採択事業詳細

  • 調査名:「カンボジア王国におけるアプリ教材『Think!Think!』を用いた思考力教育の導入に関する案件化調査」
  • 概要:アプリ教材「Think!Think!」を用いて、カンボジアの初等教育における生徒の思考力強化を図り、カンボジア王国の開発課題である、教育の質の向上に貢献する。
    具体的には、モデル校において約40クラスを対象に実証実験を行うほか、カリキュラムへの思考力育成授業の導入可能性、教員の育成等も視野に取り組みを進める。

 

/col2]