みんなのコードが開催した子ども向けプログラミング体験イベント、合計4万2,000名が参加

​特定非営利活動法人みんなのコードは、2017年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に全国各地で実施した、子ども向けプログラミング体験イベント「Hour of Code Japan 2017 ~社会みんなで実現する全国プログラミング!~ 」において、合計4万2,000名が参加したことを発表した。

また、同期間中に日本国内において、インターネットを通じて米国の非営利活動法人Code.orgが提供する「Hour of Code」の無償プログラミング教材を使用した人数は、合計72,000名におよんだ。

数十万人規模が参加するプログラミンング教育関連イベントは、日本国内では本イベントがはじめてとなり、2020年より全国の小学校で開始するプログラミング教育への関心の高さが伺える結果となった。

Hour of Code Japan 2017 実施概要

全国各地の小学校などで開催された、プログラミング体験イベント(草の根イベント)

  • 日時:2017年12月4日(月)~9日(土)
  • 会場:全国の小学校や各種子ども向け施設(学童クラブ・学習塾・図書館)など
  • 対象:プログラミング初心者の小学校1~6年生
  • 主な内容:米国Code.orgが無償提供するプログラミング教材「Hour of Code」などを活用した、プログラミング体験を実施。マインクラフトやディズニーのキャラクターなどを活用してプログラミング学習を行った。

Hour of Code Japan 2017 フィナーレイベント

  • 日時:2017年12月10日(日) 13:00~16:00
  • 会場:日本マイクロソフト株式会社 品川本社(メイン会場)
    東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー
    (全国7都道府県の連携会場にて、ニコニコ動画による同時中継を実施)
  • 対象:プログラミング初心者の小学校1~6年生とその保護者
  • 参加人数:100組200名
  • 主な内容:小学生を対象に、プログラミング入門ワークショップを実施。プログラミングそのものだけでなく、実社会でどのようにITが役立っているかを説明した。また、保護者を対象とした各種ワークショップも実施された。

イベントに参加した子どもたちの様子

 

Hour of Code JAPAN 2017 参加人数

2017年1月 みんなのコード、Code.org調べ。調査期間:2017年12月4日(月)~10日(日)

  • オフライン参加者(全国の会場に直接来場し、Hour of Codeに参加された方)
    1,503名
  • オンライン参加者(ニコニコ生放送をはじめとする、インターネット経由でHour of Codeに参加された方)
    40,458名
  • 合計
    41,961名

「Hour of Code」は、イベント期間中以外も、インターネット経由で体験することができる。

協力企業によるプログラム

  • 「プログラミングでMinecraft(マインクラフト)の世界を冒険しよう!」
    (協力:日本マイクロソフト株式会社)
  • 「作ってみよう!動かしてみよう!」
    (協力:富士電機ITソリューション株式会社)
  • 「AdobeのモバイルアプリとScratchを使って自作のキャラクターをプログラミング!」
    (協力:アドビシステムズ株式会社)
  • 「シマンテックで安心!ネットセキュリティのお話」(保護者向け)
    (協力:株式会社シマンテック)
/col2]