eboard、「ICTを活用した学びの場づくり研修会」を開催【2/10】

NPO法人eboardは、「ICT を活用した学びの場づくり研修会」を開催する。

今回の研修会では、「一人ひとりの学習をしっかりとサポートする」をテーマに、どのような取り組みが効果的か、現在の取り組みをどのように改善していくかといった内容について、講義とワークショップの両方の形式で学び、学習支援におけるICTの活用と効果について考える。

「ICTを活用した学びの場づくり研修会」イベント概要

  • 日時:2018年2月10日(土)16:00〜18:00
  • 場所:株式会社CLOCK・ON 会議室(JR恵比寿駅より徒歩2分)
  • 参加費:無料(ご寄付歓迎)
  • 参加対象者:学校の教職員、NPO職員、地域団体の方、学習支援や放課後学習に関わる教育委員会・行政職員の方、学習塾の方、eboard マンスリーサポーターの方 (定員30名)

2017年5月に東京で開催した同研修会の様子

参加者イメージ

  • ICTを利用しており、より効果的な活用を目指したい方
  • 放課後学習や家庭学習をより充実させたい方
  • 学習支援現場での教員不足、人手不足に課題を抱えている方
  • NPOやボランティアなどで、学習支援に取り組んでいる方

NPO法人 eboard について

NPO法人eboard は「学びをあきらめない社会の実現」をミッションに、2013年12月に法人化された。学校だけでなく、子ども支援に関わるNPOなどのボランティア団体、地方の公営塾などを対象に、学習サイトeboardを使った学習支援の取り組みを進めている。

2014年11月には、第11回日本eラーニングアワード文部科学大臣賞受賞。2015年2月からは、総務省先導的教育システム実証事業のコンテンツとして採択されている。

同年9月からは、同事業「ICTドリームスクール実践モデル事業」にて、「ICTを活用した学習支援モデルづくり」を進めており、その事例は、文部科学省「放課後等の学習支援活動におけるICT活用事例集」に掲載された。

2017年4月からは、公立学校および自治体・教育委員会の施策として行われる学習支援の取り組みにおいて、無料で活用できる「公立校・学習支援向け無料アカウントプラン」を提供している。今年度は、これまで行ってきたICTを活用した学習支援のモデルづくりのノウハウをさらに多くの学習現場に届けるため、公開研修会や研修のeラーニング化を進めている。