ベネッセ、新学習指導要領の実施にあわせ「進研ゼミ」を強化

株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーションは、2020年度からの新学習指導要領の全面実施と大学入試改革をふまえ、2018年4月より小学生~高校生向け通信講座の「進研ゼミ」を強化していく方針を発表した。

「進研ゼミ」強化の背景

新学習指導要領の全面実施と大学入試改革により、英語がこれまでの「聞く」「読む」中心から、「話す」「書く」を合わせた4技能重視に変わり、新高1生が受験する「大学入学共通テスト」の英語では4技能が問われることとなる。

それを受け、「進研ゼミ」は2018年4月より英語の教材・サービスを大幅に強化することを決定した。進研ゼミ高校講座、進研ゼミ中学講座、進研ゼミ小学講座のそれぞれにおいて、教材の変更やサービスの追加を行う。

「進研ゼミ高1講座」オンラインスピーキングのイメージ

「進研ゼミ高校講座」

「進研ゼミ高校講座」の高1生向け教材「進研ゼミ高1講座」では、英語国際標準規格CEFRに対応した「進研ゼミ」オリジナルの新しいカリキュラムのもと、「進研ゼミ高校講座」初のオンラインスピーキングを導入する。

レッスンでは毎月1回約15分間、外国人講師による英語での個別指導が受けられる。レッスン終了後には、講師からのフィードバックで学習内容を振り返ることもできる。

「進研ゼミ中学講座」

「進研ゼミ中学講座」では、中学入学準備時期向けに英語4技能の基礎を身につける学習アプリを導入。受験生向けには長文読解力を養成する学習アプリなどを新たに導入する。

「進研ゼミ小学講座」

「進研ゼミ小学講座」では、新カリキュラムのもと、小3から小6まで毎月の学習教科として英語を導入する。また、講座全体で英語を「聞く」「話す」機会を増やし、小学校で学ぶ英単語数の約2倍の約1,500語の学習を可能とする。加えて、全学年に英語コミュニケーション能力を確認するテスト「GTEC Junior Online(ジーテック ジュニア オンライン)」も導入していく。

英語教材・サービスの強化ポイント詳細

高校1年生向け

2018年4月号より、「進研ゼミ高1講座」の英語受講者は教材での学習に加えて、毎月1回、外国人講師による個別レッスンを受講できる。オンラインスピーキングは、PC、タブレット、スマートフォンで利用可能。レッスン時間は1回約15分。さらにレッスンを受講したい場合は、追加でレッスンチケットを購入する必要がある。
レッスンは「ウォームアップ」「共通課題パート」で構成され、余裕のある生徒にはレベルに合わせたフリーパートを用意。テキスト+日本人講師による事前学習で発話におけるポイントを確認する。
講師からのフィードバックをいつでも見ることのできる振り返り機能を搭載するほか、資格・検定試験直前月は検定トライアルテストを実施。

中学生向け

中学準備段階からの英語つまずきの解消、高校入試を意識した読解力強化など、学年別に学習アプリを導入する。

  • 新中1生(小6生)向け「中学英語デビュー★アプリ」
    タブレット上での英文筆記や、自身の発音チェックなどが可能(発音チェックはゼミ専用タブレットのみ)。小学校で学んだ英語のフレーズを入り口として、中学最初のテストにつながる単語・表現の先取り学習を行う。
  • 中3生向け「長文速読トレーニングアプリ」
    高校入試で求められる「速く、正確に長文を読む力」を身につけるための学習アプリ。実際に読むスピードを測りながら長文読解力を磨くことができ、専用タブレットやパソコンで利用が可能。

小学生向け

小3から小6まで毎月のメインレッスンに英語を追加。リズムに合わせて英語を聞いて真似をする「チャンツ」や「リスニング問題」などで語彙を増やし、「使える英語力」を身につけることを目指す。

メインレッスン以外でも「聞く」「話す」コンテンツを増やし、約1,500の英単語を学ぶ。また、全学年に英語4技能検定「GTEC Junior Online」を導入し、年1回、英語コミュニケーション能力を確認する。