メイツのタブレット学習アプリ「学習塾専用英検アプリ」 、「第一ゼミナール」で導入決定

大手学習塾「第一ゼミナール」を運営する株式会社ウィザスが、株式会社メイツが提供するタブレット学習アプリ「学習塾専用英検アプリ」の採用を決定した。今後、第一ゼミナール全教室とファロス個別指導学院の一部教室で、タブレットを用いた英検指導講座が導入される。

「学習塾専用英検アプリ」導入の背景

「学習塾専用英検アプリ」は生徒自身が自立学習で進めていくアプリ。タブレット指導の経験がない講師でも指導に負担がかからず、生徒に質の高い学習を提供できるようになっている。こうした点が評価され、今回の第一ゼミナールにおける「学習塾専用英検アプリ」の採用につながった。

「学習塾専用英検アプリ」機能紹介

「学習塾専用英検アプリ」の特徴

講師の負担を抑えて英検対策講座が開ける

学習塾が英検講座を開くためには、英検指導カリキュラムを用意や、専門講師の採用、リスニング対策ができる設備を整えるなど、時間と労力を要する。メイツはこうした問題を解決するために、「学習塾専用英検アプリ」を生徒が自学自習を進めるスタイルとすることで講師の負担を最小限に抑えた。

生徒1人あたりする対応時間が軽減される

「学習塾専用英検アプリ」では、生徒が自立学習方式で勉強を進めていくため、講師の生徒1人あたりに対する対応時間が軽減された。その結果、1回の指導(90分)で、20人程度までの生徒指導が実現した。講師は学習の進捗の確認や、生徒の質問対応等の役割を中心に担当することとなる。

生徒が自立学習しやすい仕組み・デザイン

「学習塾専用英検アプリ」には、生徒の「診断テスト」終了後、間違えた問題に対応したオリジナルの「苦手リスト」が生成される仕組みが搭載されている。これにより生徒の苦手分野を繰り返し復習することが可能となった。そのほかにも教育現場からの要望を元に、改良を重ねている。

「学習塾専用英検アプリ」正式リリース概要(法人限定)

  • リリース級:英検2級、英検準2級、英検3級、英検4級、英検5級
  • 動作環境:wifi環境とiPad
  • ダウンロード方法:App Store からダウンロード可能
  • 導入サポート:機能説明書・運用マニュアルの提供、電話・メールでのサポート