ライフイズテック、自治体向け IT人材育成サービス「Tech for Local」を提供開始

中高生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社は、地方創生のための自治体向け IT人材育成サービス「Tech for Local(テック フォー ローカル)」を開始する。

「Tech for Local」の地域IT人材を育てる仕組み

「Tech for Local」では、地域の大学生向けにプログラミングをはじめとするITスキルや、コミュニケーション能力を学ぶ研修会を実施する。

これにより中学生・高校生に教える技術を身に着けさせ、地域の未来を担うイノベーティブ人材の養成を目指す。また、地域の中学生・高校生が同地域の大学生から技術を学ぶプログラミングキャンプ・体験会を開催する。本プログラムにより、地域の大学生のイノベーションを生む思考やITスキル、地域への愛着の醸成を図る。

加えて、中学生・高校生の段階からプログラミングやITを学ぶ機会を提供することで、次世代の中学生・高校生を教えるリーダーへと成長することを期待。地域のイノベーションのための継続的な人材育成システムを構築する。

「Tech for Local」立ち上げの背景

IoT、ビッグデータ、ロボット、AI(人工知能)等による技術革新が進む中、次世代のIT人材の育成が課題となっている。2017年3月には文部科学省の次期学習指導要領(2020年完全施行)で小学校段階からのプログラミング必修化が公示されるなど、日本国内でもプログラミング教育に注目が集まっている。

しかし、教育機会が都心部へ集中しているほか、地域格差や情報格差などが存在し、依然としてIT教育を取り巻く環境には課題が残っている。こうした状況を踏まえ、ライフイズテックは各地域で中高生向けのワークショップを数多く実施し、中高生にプログラミング教育機会を提供してきた。

今回は地方自治体からの問い合わせの増加を受け、これまで累計1,000人以上の大学生メンターを育成してきた独自の大学生育成プログラム「Life is Tech ! Leaders(ライフイズテックリーダーズ)」の仕組みを地方の大学生向けに展開し、地域ごとにハイスキルなIT人材を育成する「Tech for Local」の立ち上げに至った。

ライフイズテックは今後各自治体や学校と協力し、地方創生や地域活性に向けた人材育成のためのプログラミング教育機会を創出していくとしている。