スタディプラス、NPOへの教育ツール無償提供プログラムを開始

スタディプラス株式会社は、10月12日(木)より、教育事業者向け学習管理ツール「Studyplus for School」を教育格差をはじめとした社会課題解決に取り組むNPO法人へ無償提供するプログラムをスタートする。

今回のプログラムは、NPO法人の慢性的な人材不足をStudyplus for Schoolの活用によって解消し、社会貢献事業を加速させる一助になることを目的としている。

Studyplus for School 無償提供 第一弾の実施背景と概要

プログラム第一弾の対象は、相対的貧困状態にある子どもたち向けに、都内を中心に無料学習会を運営しているNPO法人キッズドア。

生徒と講師のコミュニケーション活性化や、自宅学習の支援を目的としてStudyplus for Schoolの無償提供を行う。

子どもの貧困と無料学習会の増加

日本では約280万人の子どもたちが相対的貧困状態にあるとされている。経済的な理由により通塾や進学をあきらめる子どもたちも多く、親の経済力による教育格差の広がりが社会問題となっている。

また、学歴と貧困の関連性の強さも指摘されていることから、子どもたちの教育環境による貧困の連鎖も問題視されている。こうした現状に対して、経済的に通塾が困難な家庭や一人親家庭向けに、子どもの学習支援を行う無料学習会が増加している。

NPO法人キッズドアの状況

Studyplus for Schoolの無償提供第一弾となるNPO法人キッズドアは、大規模な無料学習会の運営団体の一つ。キッズドアでは、1000名を超える子どもに無料学習会を提供し、社会人や学生のボランティアスタッフによる学習支援が行われている。しかし支援体制を構築するだけのリソースが不十分であり、学習会の開催は週1回~隔週1回程度に留まっている。

家庭の事情などで生徒が欠席することにより支援の頻度が月1回となる場合もあり、学習会のみは十分な支援を届けることが困難な状況だった。そのため学習会の開催拡大を模索する一方、いかに学習会の外での支援体制を構築するかが課題となっていた。

Studyplus for Schoolの導入で変わること

今回の Studyplus for School 導入により、大きく3つの変化がある。

  • オンラインでの学習記録の把握
  • 継続した学習指導やサポートの実現
  • ボランティアスタッフ間での情報共有の効率化

Studyplus for Schoolを用いることで、これまで対面でしか確認できなかった学習記録を、子どもたちが学習会に来ていない日も含めてオンラインで把握できるようになる。

また、学習計画を生徒に共有する「プランニング機能」や、生徒の学習記録に対してコメントでの励ましができる「フィードバック機能」の活用により、スタッフによる日々の継続した学習指導やサポートが実現。さらに、スタッフ間で生徒の学習状況や面談履歴が共有できる「カルテ機能」により、ボランティアスタッフ間での情報共有が効率化される。

スタディプラスは、NPO法人「キッズドア」への提供を第一弾として、今後も経済格差による教育格差の改善を目指し、NPO法人への Studyplus for School の無償提供、及び課題解決支援を積極的に進めていくとしている。

Studyplus
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot
  • Studyplus Screenshot