「アプリ甲子園2017」決勝大会が開催。全国の中高生アプリ開発者の頂点が決定

株式会社 D2Cは、全国の中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園®2017」の決勝大会を10月15日(日)に開催した。

10組のファイナリストによるプレゼンテーション後、優勝および総務大臣賞は西村佳之(にしむら かいし)さん(慶應義塾湘南藤沢高等部3年)のスケジュール共有 SNS アプリ「Nekt」に決定した。

「アプリ甲子園®2017」の概要

「アプリ甲子園」は、次世代を担う若手クリエーターの発掘と育成支援を目的として、D2Cが2011年より開催しているスマートフォン向けアプリ開発コンテスト。今年で7回目を迎えた。

7月1日(土)から 8月31日(木)まで、公式ウェブサイトにて、全国の中高生が開発したスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向け含む)を広く募集。1次審査と2次プレゼンテーション審査会(30 組)を経て、選出された10組が決勝大会に駒を進めた。

「アプリ甲子園®2017」決勝大会の模様

10月15日(日)にD2Cホールで開催した決勝大会では、10組の中高生アプリ開発者が一堂に会して、公開プレゼンテーションを行った。

様々な分野で活躍する6名の審査員がアプリの企画力を審査した後、端末上で実際にアプリを操作したり、ソースコードを確認して実装力を採点、優秀作品を選出した。

その結果、「アプリ甲子園®2017」の優勝および総務大臣賞は、西村佳之さん(慶應義塾湘南藤沢高等部3年)のスケジュール共有SNSアプリ「Nekt」に決定。高校生らしいコミュニケーションの課題を解決すると同時に、高い技術力が評価されたため、同時に技術賞も受賞した。

準優勝には、山口響也さん(三田国際学園高等学校1年)の見られたくない写真を偽装するアプリ「Photo Disguiser」。

第3位には、内山史也さん(横浜国立大学教育学部附属横浜中学校2年)のハンガーを使用したIoTツール型アプリ「Drying Assistant」が選出された。加えて、協賛企業による「特別企業賞3作品も選出された。

「アプリ甲子園®2017」決勝大会の参考情報

  • 審査員:
    • 齋藤 精一 氏 (Rhizomatiks Creative Director / Technical Director)
    • 岩谷 徹 氏 (ゲームクリエイター / 東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科 教授)
    • 谷本 有香 氏 (フォーブス ジャパン副編集長 兼 WEB 編集長)
    • 中澤 仁 氏 (慶應義塾大学環境情報学部准教授 / 博士)
    • 米澤 香子 氏 (電通 クリエーティブ・テクノロジスト)
    • 五十嵐 裕貴 氏 (株式会社パワーハウス ビジネスソリューション部 ディレクター)
  • 司会:清水 麻美子 氏、平井 善之 氏(アメリカザリガニ)
  • 主催:アプリ甲子園実行委員会 (株式会社 D2C、ライフイズテック株式会社)
  • 後援:総務省
  • 協賛:
    • 株式会社セガゲームス
    • 電通アイソバー株式会社
    • 株式会社パワーハウス
    • 株式会社ゆめみ
    • 東京工科大学
    • 日本工学院