2020年からは高校と大学の教育の内容が大きく変わります。

その中でも、英語4技能の育成が求められ、大学入試の方法も変わるといわれています。

この記事では、英語4技能とは何なのか、大学入試にどのように関係するのか、試験の種類、受験で評価される例をまとめています。

英語4技能とは?どうして注目されてるの?

英語4技能とは、英語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の能力のことです。

グローバル化は進む一方で、あらゆるビジネスが国際関係抜きにはなりたたなくなっています。そんな中で実践的な英語運用能力の需要はより高まるでしょう。
そのため、文部科学省は、従来の読み書きを中心とした英語教育の方針を転換し、学校教育での英語4技能の育成や大学入試での英語4技能を評価することを求めています。
今後、学校の英語の授業の内容や大学入試の形態が大きく変わっていくといわれています。

大学入試の英語はどう変わるの?どうして英語4技能が入試で必要なの?

現行の学習指導要領でも、英語4技能をバランス良く育成することが求められています。大学入試で測る英語の力は「読む」「聞く」の能力に偏っています。要因には、4技能を測定する試験を各大学が独自に実施する難しさがあります。

そこで、文部科学省は「平成27年度大学入学者選抜実施要項」において、英語4技能を測ることができる外部試験の活用を推奨するようになりました。

現在では、入学者選抜の際に英検やTOEICなどの外部試験の結果を活用する大学も増えてきており、大学入試の場で英語の4技能の重要度が高まっています。

AO入試や推薦入試だけではなく、一般入試でも外部試験を活用する大学が急増しています。

2020年度からの大学入試改革でセンター試験の代わりに行われる大学入学共通テストにおいても、4技能を重視した試験が行われる方針です。

英語4技能試験とは?種類は?いつから必要になるの?

英語4技能を測定する試験にはどのようなものがあるのでしょうか。現在、大学入試で活用されている民間の英語4技能試験の種類には、Cambridge English、英検、GTEC、CBT、TOEFL(R)、IELTS、TOEIC(R)などがあります。平成27年度試験より、文部科学省が各大学の一般入試試験でも外部試験を導入することを推奨しはじめたこともあり、現在では、英語の外部試験のスコアを積極的に評価している難関大学も増えています。大学入試での英語4技能を測る外部試験の導入はすでに始まっているといえるでしょう。

また、旺文社教育情報センターの統計によると、全764大学のうち、一般試験での外部試験の活用は2016年度では50校だったのが、2017年度には110校に倍増しています。

参考:旺文社教育情報センター『英語外部検定利用入試(2017一般入試)』(2016年11月30日) http://eic.obunsha.co.jp/pdf/exam_info/2016/1130_1.pdf

外部試験のスコアの活用の方法は、大学によって様々です。スコアに応じて加点される場合や、英語の試験が免除される場合があります。他にも、スコアに応じたみなし得点が設定されており、試験当日の得点よりみなし得点のほうが高い場合そちらが採用されるなどの方法もあり、大学ごとに異なります。

英語4技能の外部試験を活用した場合の特徴

英語4技能の外部試験を大学入試で活用する場合、どのような受験方法、特徴があるのでしょうか。

試験の複数受験

外部試験を活用した入試を取り入れる場合、従来の一発勝負の大学入試とは異なり、英語の試験を複数回受けることができます。何度もチャンスが出来る一方で、目標に届くまで何度も試験を受ける場合、受験料が高額になり負担になるのではないかという懸念もあります。受験料を負担できる経済力に応じて試験結果に影響が出る可能性も指摘されています。

大学入試の保険ができる

外部試験で高得点を修めることができた場合、英語の試験が免除されたりみなし得点が得られることがあります。早期に目標スコアを獲得していれば、受験勉強の時間を他の科目に充てることもできるでしょう。しかし、これまで入試ではあまり出題されなかった「書く」「話す」技能の学習が必要となり、入試対策の時間配分を考えた場合、かえって負担が増してしまう可能性もあります。大学ごとに外部試験の活用の方法が異なるため、受験校を変えた場合、入試で優遇される条件が変わってしまう可能性もあります。

英語4技能を評価している事例は?

英語4技能の外部試験を活用している大学は、急速に増えています。

例えば、早稲田大学文化構想学部・文学部では、2017年度入試より、英語4技能テスト利用型の入試が導入されました。TEAP、IELTS、実用英語技能検定(英検)、TOEFL iBTでのスコアを一般入試でも活用できるようになりました。

また、武蔵野大学では、2016年度入試より外部英語試験を活用したグローバル入試を全学部で導入。Cambridge English、英検、GTEC CBT、IELTS、TOEFL iBT®などの11の試験のスコアを活用することができます。みなし点数の導入や筆記試験の免除が行われています。

参考:『英語4技能試験情報サイト』「大学入学者選抜制度 先進的な取り組み事例」
http://4skills.jp/selection/advanced/index.html

以上、「英語4技能って何?大学入試にどう関係あるの?どんな試験があるの?受験で評価される例は?」の記事でした。

大学入試改革とは?いつから実施される?変化の内容は?

2017.02.16