すららネットのクラウド型学習システム「すらら」、放課後等デイサービスの導入校舎数10校突破

株式会社すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の提供、および、運用支援を行っており、「すらら」を導入した放課後等デイサービス施設数が、2017年9月末時点で12校舎となった。「すらら」の案内開始からわずか3ヶ月で全国10校舎を超えたことになる。

※放課後等デイサービス:学校通学中の障がい児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障がい児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを推進。2012年に児童福祉法改正により制度化。(参考:厚生労働省HP)

放課後デイサービス施設で導入が進む「すらら」

放課後等デイサービス施設に導入が進んでいる「すらら」小学校低学年版は、子どもの発達科学研究所監修のもと制作されている。

一般の小学校低学年の児童に加えて、発達障がいや学習障がいを持つ子どもでも取り組みやすく、学力を伸ばせるようにカリキュラム構成や画面の見やすさ、説明の理解のしやすさを考慮し制作されている。放課後等デイサービスは、制度が始まった2012年以降、施設数は増加の一途をたどり、現在は全国で約9600施設となっている。様々な特色を持った放課後等デイサービスが全国で運営されているが、その中で、学習支援サービスを他の施設との差別化に活用したいと考えている施設が「すらら」を導入している。

すららの活用例

「放課後等デイサービス『グローバルキッズメソッド西原店』」(所在地:栃木県)では、パソコンによる資格取得に加えて、「すらら」による学習支援の取り組みも始めている。

グローバルキッズメソッド西原店

また、「放課後等児童デイサービス『ファーストハンドコミュニケーション』(所在地:沖縄県)」では、中学3年生の高校受験の対策教材として「すらら」を活用している。

パソコンやタブレットを使ったeラーニング学習は、発達障がい児や学習障がい児に適している点も多いと言われている。実際、各施設では、時間を忘れて集中して学習する生徒の姿も見られ、保護者からの満足度の向上が期待されているという。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。