RISU Japan、日本最西端の与那国島でRISUタブレットによる学力テストを実施

日本初の遠隔双方向ライブ授業サービス「東大NETアカデミー」を運営するフィオレ・コネクションと、算数タブレットによる遠隔学習や、個別指導塾による学習支援サービスを提供するRISU Japan株式会社が協力し、8月22日に日本最西端・沖縄県与那国島「町営学習塾」にて、小学生向けに“RISUタブレットによる学力テスト”と、東大生講師が来島しての対面授業を実施した。

遠隔学習の問題点をRISUが解決

東大NETアカデミーは、これまでも与那国町営学習塾に遠隔指導による学習サービスを提供し、学力向上に貢献していたが「遠隔だと子ども達の理解度が確認しずらい」という問題を抱えていた。そこで、 一人ひとり に合った問題を出題するRISUが協力する事で、子ども達の理解度をそれぞれ可視化する事を可能にした

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。