レアジョブと英語応対能力検定事務局、中高生が“英語で渋谷の魅力を伝える”「Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017」を開催

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブと英語応対能力検定事務局は、8月27日(日)に、中高生54名が渋谷駅と原宿駅周辺で訪日外国人を英語で観光案内をするイベント「Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017」を開催した。当日は、406名(170組)の訪日外国人に渋谷・原宿の街を案内し、交流を図った。

応募倍率約2倍の中から選ばれた中学1年生から高校3年生までの54名は、英語力も初級者からネイティブレベルまで幅広く、「オリンピックでボランティアをやってみたい!」「打ち込んでいる三味線を世界に広めたい」「英語力を活かして人の役に立ちたい」など、応募の理由は様々であった。

参加者は5~6名でチームを組み、合計10組のチームが結成された。開会式を経て、14時から渋谷と原宿駅に分かれて案内を開始した。最初はなかなか声をかけられなかったり、案内を断られるケースもあったが、「Can I Help You?(何かお手伝いしましょうか?)」ではなく、まずは「Hello」と声をかけることで、振り向いてもらえるようになったと、工夫するチームも多く出てきた。原宿では、明治神宮の中をじっくりと案内するチームもいた。

暑い中、3時間の観光案内を経て帰ってきた中高生たちは、「大変だった」と感想を述べる一方、「自分がこんなに英語でコミュニケーション取れるなんて思っていなかった!」「もっとボランティアやってみたい!」など、東京オリンピックに向けて意欲は益々高まったようだ。

参加した学生のコメント

  • 高原さん(中2・女子)
    去年も参加して、その時は自己紹介ぐらいしかできなかったけれど、今年はレベルアップできたと思っています。普段は外国人とコミュニケーションをとる機会はないけれど、完璧じゃなくてもコミュニケーションがちゃんと取れるんだと気づき、いい経験になりました。
  • 大嶋さん(中1・女子)
    今回、積極的に声をかけるという目標を立て、案内を断られてしまうこともあったけど、最終的には楽しめて、お互いの言語が分からなくても笑顔や仕草で繋がることで、心も繋がった気がしました。
  • 臼井さん(高1・女子)
    最初は同じチームのメンバーで英語が話せる子に頼ったりしちゃっていたけど、上手に話そうと気にしすぎず、おもてなしの心でどんどん話しかけるようになると、相手からも沢山話をしてくれて、とにかく話すことが大切ということが分かり、英語への抵抗感がなくなったと思います。
  • 高津さん(高3・女子)
    私は今音楽を勉強していますが、将来は音楽に関わらず視野広くコミュニケーションを色々な人と取って世界にはばたきたいと思っています。普段はオンラインレッスンで英会話を練習していますが、レッスンと実際に話すのは違って、積極性の大切さを身をもって感じました。

開催の背景

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に増加する訪日外国人。教育現場では大学入試にスピーキング力を測る試験が導入されるなど、英語でのコミュニケーションの重要性が叫ばれ、英語教育への意識が高まりつつある。

「Welcome to OUR SHIBUYA Project」は、日々学校で英語を学ぶ学生たちに、英語でのコミュニケーションの機会を提供し、英語が通じる楽しさを体感してもらうとともに、訪日外国人の方々に日本や渋谷の魅力を発信したいと考え、2016年にスタートした。参加する中高生には、英語を授業や試験のためだけではなく、「伝えたいことを伝える=コミュニケーション」のツールとして再認識してほしいと考えている。

外国人にとても人気のスポットの渋谷ですが、観光客のほとんどは「スクランブル交差点」や「ハチ公」を見ることにとどまり、滞在時間が短いという課題を抱えている。ファッションやグルメなど話題のお店が集中する渋谷の魅力を中高生たちの視点で案内することによってさらに感じてもらいたいと考えている。

「Welcome to OUR SHIBUYA Project」は、2020年に向けて継続的に実施し、英語ボランティアの育成を図っていく予定だという。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。