Classi、IDひとつでさまざまな教育サービスを利用可能にする「Classiプラットフォーム」を18年4月より提供開始

株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社の合弁会社Classi株式会社は、同社が提供する学習支援クラウドサービス「Classi」において、Classi IDひとつでさまざまな教育サービスを利用可能にする「Classiプラットフォーム」を、2018年4月より提供開始する。

これにより、全国2,000校77万人以上(2017年8月時点)のClassiユーザーが、ひとつのClassi IDでパートナーの教育サービスを簡単に利用できるようになる。

「Classiプラットフォーム」では、Open ID Connectの規格に対応したID連携で、Classiユーザーが各社の教育サービスを簡単に利用できる仕組みを提供する。

先生・生徒は、Classiにログインし、Classiトップページのリンクからパートナーのサービスに移動することで、新たなIDやパスワードを作成することなく、パートナーのサービスを利用することが出来る。IDの連携だけでなく、同意をした上で、Classiに登録された生徒のユーザー情報・グループ情報をパートナーのサービスでも参照できる。これにより、クラスなどの生徒情報を再度登録することなくパートナーのサービスでも課題の出題や学習の管理が簡単に行えるようになる

現在の学校教育現場では、学力の多層化が進み、また、大学入試改革に向けた多面的・総合的評価が進むなど、これまで以上に深い指導が求められている。

今回Classiは先行して5社と提携し、英語4技能については、約1万4千本の動画教材で学べる「EnglishCentral(イングリッシュセントラル)」、CNNのニュースで最新の話題や言葉と生の英語で学べる「CNN ENGLISH EXPRESS」、アクティブ・ラーニング/PBL(Project Based Learning)に活用できる協働学習ツール「schoolTakt(スクールタクト)」、プログラミングを環境構築なしで学べる「Monaca(モナカ)」、部活コーチングのための映像編集・コミュニケーションツール「SPLYZA Teams(スプライザ・チームズ)」などのサービスをClassi IDひとつで利用可能にする。

Classiプラットフォームでは、より深い指導に幅広く対応できるよう、提携するパートナーを順次増やして行く予定。