日本初の公園内保育園『茶々そしがやこうえん保育園』、「第11回キッズデザイン賞」を受賞

茶々保育園グループは、1979 年に埼玉県入間市の茶畑の真ん中で「茶々保育園」を開園して以来、東京・埼玉・神奈川・千葉・群馬の首都圏を中心に14 園を展開している。

2017年4月に開園した、日本初となる都市公園内保育園『茶々そしがやこうえん保育園』では、デジタルデバイスやインターネットなどのテクノロジーを積極的に保育に取り入れた「クリエイティブ教育」を推進するなど、独自の保育を実践してきた。

また、2018年4月には『茶々そしがやこうえん保育園 分園(仮称)』も開園予定となっている。

「自然公園×クリエイティブ教育」というコンセプトにインスパイアされた特徴的なデザイン

今回、「キッズデザイン賞」(「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」/建築カテゴリー)を受賞した『茶々そしがやこうえん保育園』の園舎には、「自然公園×クリエイティブ教育」というコンセプトにインスパイアされた特徴的なデザインや、保育施設としてのユーザビリティ・周辺住民への配慮に富んだ、様々な要素が盛り込まれている。

緑あふれる祖師谷公園とは対象的に、真っ白で洗練された壁面や近代的な曲線などのデザインを施すことで、公園で自然と触れ合う時間と、園舎内で実践するICT教育などのアクティビティを明確に区別している。

今回、近隣住民への配慮として、住宅地に面する東側には窓を作らず、外観上の開口部は最小限にとどめつつ、天窓・ルーフテラスを取り入れることで、開放感のある空間をデザインした点や、「クリエイティブ教育」を実践するため、4Kプロジェクター常設の「クリエイティブルーム」や、園内各所にタッチパネル機器を設置し、デバイスの活用を身近に感じさせる工夫がされている点などが高く評価され、受賞が決定した。本受賞により、茶々保育園グループとして2年連続の受賞達成となった。

今後も茶々保育園グループでは、子どもを一人の人間として尊重し、丁寧に寄り添う「オトナな保育園」をコンセプトに、型にとらわれない柔軟な発想で先進的な保育を展開していくという。

受賞作品概要

  • 受賞作品名称 :『茶々そしがやこうえん保育園』
  • 受賞作品概要 :
    本計画は国家戦略特区制度を活用した公園内の保育所整備における、全国で最初の事例の一つとなる。自然に溶け込む建築ではなく、あえて外観も平面計画もシンメトリーに構成し、自然物にはない左右対称の造形を表すことで周辺環境と共存する意思を示し、また地域住民も利用出来るカフェスペースを併設することで地域住民・周辺環境との密接な関わりを促している。

園舎デザイン

天井から自然光が降り注ぐランチルーム

ICT 教育が行われるクリエイティブルーム

無料で利用できるカフェを併設

内側に開いたルーフテラス

プロジェクターで映像を投影するガラススクリーン

外観夕景

 

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。