Progate、「Mono-Coto Innovation 2017」に協賛し中高生のプログラミング学習を支援

株式会社Progateは、中高生が今までにない革新的なアイディア・プロトタイプを創ることを目指すプログラム「Mono-Coto Innovation 2017」に協賛し、中高生のプログラミング学習を支援する。

Mono-Coto Innovationとは

Mono-Coto Innovationは、中高生が創造力と実践力を動員し、今までにない革新的なアイデア・プロトタイプを創りあげることを目指す「アイディアをカタチにして競い合う、創造力の甲子園」。企業から提示されるテーマ課題に対して、中高生がチームでアイデアを考え、競うコンテストで、予選大会を通過したファイナリストは半年間かけて企業の担当者と共にプロトタイプを作成していく。

協賛の内容と背景

Progateは、「Mono-Coto Innovation 2017」のSILVERスポンサーとして、プログラムに参加する中高生全員にオンラインプログラミング学習サービス「Progate」の全レッスンを無料で提供していく。中高生がアイディアを出して終わりではなく、実際にプロトタイプを作成する中で創造力、実践力を育むという本プログラムの理念に共感し、協賛することを決定した。

Progate社のメンバー自身、大学生時代にプログラミングを学び、実際に自分たちのアイディアをプロトタイプとして形にする中で「創る力」を身につけ、「Progate」というサービスを立ち上げることができた。

その経緯から、自分たちの人生を変えてくれたプログラミングの力で、多くの中高生に新たな可能性を提供していきたいと考えている。Progateは、本プログラムを通して、中高生にプログラミングを学ぶ機会を提供し、中高生の「創る力」を育んでいくことが目標としている。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。