デジタルハリウッド、大手前大学通信教育部に「デジタルハリウッドアカデミー」を2018年4月より導入開始

デジタルハリウッドは大手前大学通信教育部と業務提携をし、デジタルハリウッドのeラーニングを活用した授業活性化サービス「デジタルハリウッドアカデミー」を2018年4月より導入する。仕事や職につながる科目群として、「デジタルクリエイティブプログラム」を提供し、具体的には、Webデザイン分野、Webライティング分野、映像制作分野のeラーニングコンテンツを提供する。また、デジタルハリウッドの求人・仕事情報等も提供することで、科目修了後のサポートも行っていくという。

背景・目的

大手前大学通信教育部は、2010年の開設以降、eラーニングでの学習を基本とし、全科目完全自由選択制の導入など学びやすさを主眼に制度面の充実を図ってきた。2018年度は学びやすさだけでなく、特に20-40代の女性/主婦、アルバイト/デザインスキルを使った副業を始めてみたいと考えている人、Webデザイナー/コーダーとして仕事の幅を広げたい人、資格を取得してキャリアアップにつなげたい人、などに向けて、仕事や職につながる科目を意識したカリキュラムを編成する。

デジタルハリウッドは、仕事や職につながる科目群として、「デジタルクリエイティブプログラム」を提供する。具体的には、Webデザイン分野、Webライティング分野、映像制作分野のeラーニングコンテンツを提供。また、デジタルハリウッドの求人・仕事情報等も提供することで、科目修了後のサポートも行う。

デジタルハリウッドアカデミーとは

デジタルハリウッドでは、2005年のデジタルハリウッド大学開学当初よりeラーニングと対面授業を組み合わせる「ハイブリッド教育」による、教育の標準化と教育効果の向上を実現してきた。このノウハウを活かして大学、専門学校、スクール、塾、教育サービス企業などの授業活性化を支援するサービスの総称が「デジタルハリウッドアカデミー」である。

例えば、概論的なナレッジやアプリケーション操作方法等のスキルは「一対多」の対面授業よりもeラーニングによる個別学習が効果的だが、それを授業内や事前学習による反転学習型で行い、教員が随時個別フォローする授業形式を採用することで更にその効果を高めている。そして学生の基礎が整ったところで、本来の授業目的を達成するためのディスカッション、グループワーク、フィールドワーク等のアクティブで実践的な取り組みを行う。

これらを実践するためのeラーニング教材の提供、eラーニング教材の制作、カリキュラムリニューアル、教員研修、教員派遣による出張授業、遠隔ライブ授業、さらにはオープンキャンパス等の学生募集の企画まで、トータルで支援している。2017年8月での導入実績は13校だという。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。