教育と探求社、新学習指導要領改定に向けた、教員の学び合いの場「探求フェスタ」8月19日開催。

中学・高校・大学向けの教育カリキュラムの開発・提供を行う株式会社教育と探求社は、来る2020年の新学習指導要領の改定に向け、教員同士の情報交換や実践共有、学び合いを目的としたイベント「探求フェスタ」を8月19日(土)に大和大学(大阪府吹田市)にて開催する。

近年推進されている「働き方改革」に代表される、社会と個人の関係性の大きな変化やテクノロジーの劇的な進化を背景に、2020年から学習指導要領が大幅に改定される。

その中では「社会に開かれた教育課程」を実現し、「生きる力」を身につけるため「学びの質」にフォーカスを当てた方針が示されている。「探究」という科目が新設されるなど主体的・対話的な学びが重視されており、より現場の教員のカリキュラム・マネジメント能力や創意工夫が必要となってくる。

そんな中、教育と探求社では、2005年より全国10万人以上の生徒に主体的・対話的な学びを提供してきた「クエストエデュケーション」で蓄積してきたノウハウやネットワークを活用し、2020年からの学習指導要領改定に向けて、教員の学びの場「探求フェスタ」を大和大学にて初開催する。
「クエストエデュケーション」では、生徒への学びの場の提供だけでなく、すべての人が「自分らしく、生きる」ための学びの場を提供していく。

開催の狙い・目的

「探求フェスタ」では、昨今の企業や個人のあり方としても注目を集めている「プレイフル」(楽しみながら学び、働く)をテーマに、こどもが主役となって、自ら感じ、考え、ワクワクしながら学ぶような創造性とエネルギーに満ちた教室を生み出すにはどうしたらよいかを体験しながら学び、考えていく。

「プレイフル」という概念を提唱している同志社女子大学の上田信行教授、映画『みんなの学校』の大空小学校元校長の木村泰子先生、映画監督でありながら全国で映画×アクティブ・ラーニングのワークショップを展開する古新舜監督という多様なゲストが参加。

開催概要

  • 日 時 : 2017年8月19日(土) 10:00~16:00 (受付開始: 9:30~)
  • 会 場 : 大和大学 〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1
  • 参加者: 150名 全国の先生
  • 費 用 : 無料

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。