プロシーズ、女性のためのITスキル学習・就職マッチングサービス『キラキャリ』を開始

『学ぶ、働く、成長する』を支援する株式会社プロシーズは、女性向けにHTML、CSS、JavaScript、Webデザイン、CADなどのITスキルをeラーニングで学習でき、それらのスキルを身につけた女性を採用したい企業様とマッチングさせるサービス『キラキャリ』を2017年8月8日に開始した。

IT人材不足を背景にスタートした女性向けサービス

2016年の経済産業省の調査によると、マクロな規模でのIT人材不足数は現在約17万人、今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大する。「プログラマーが採用できない」という企業の声も多い。その不足している人材を育て、市場に供給するというのが「キラキャリ」をスタートさせた背景。特に、知識が全くない人が基礎スキルを身につけるところまでの教育コストがかかるという声が多く、「キラキャリ」では基礎スキルを習得するまでの教育を担う。

サービスが女性向けである理由は、2017年から女性活躍推進法が施行されたように現状の日本社会では女性の活躍が求められているということ、また結婚や出産・育児など男性に比べて多様なライフイベントが発生する女性にとって、スキルさえあればフリーランス等でも仕事ができるIT関連職は女性との親和性が高いと考えられるため。

eラーニングで受講でき、講師からの添削を受けることができる講座

「キラキャリ」で開講する講座は、Webデザイナーを目指す「Webデザイン講座」、HTML・CSS・JavaScriptを学習できる「Webサイト制作講座」、ITインフラエンジニアを目指す「サーバ・ネットワーク技術者講座」、CADオペレータを目指す「CADオペレータ講座」です。PHP、MySQLが学べる「Webアプリ開発講座」は今秋リリース予定で、今後も新たな講座を随時追加していく。

人材を採用したい企業は受講者のプロフィールを確認でき、講座の進捗状況や提出された作品等を閲覧して希望する人材をスカウトすることができる。マッチングが成立すれば企業は、株式会社プロシーズに採用フィーを支払い、プロシーズは受講者にその時点まで支払われた受講料金をキャッシュバックする。受講者は実質無料でサービスを受けることが可能となる。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。