初期投資少なく学習塾が開業でき、未経験だからこそ成功しやすい、すららネットの強みとは?(PR)

この記事では、株式会社すららネットで、学習塾の開業オーナーの募集、開業サポート、開業後のサポートを行う藤岡様を取材しました。初期投資が少なく学習塾をスタートすることができ、未経験の方だからこそ成功しやすいすららネットの特徴を語っていただきました。

クラウド型学習システムすららの誕生、MBO、黒字化までの道のり、今後の展開を聞く(PR)

2017.08.07

商社から転身、すららで塾を開業・独立した理由とは(PR)

2017.08.07

生徒のフォローに集中し、一人で50名の生徒の指導が可能

株式会社すららネット藤岡様

ーーサービスをリリースして以降、現在、全国で600以上の学習塾の支援をされているすららネットですが、強みはなんでしょうか?

開業されるオーナーから見た時の、経営観点での強みは、低コスト経営が可能なことです。加盟金が不要で、少ない初期投資で開業が可能です。また開業後も、アルバイトの塾講師の採用が不要なので、人件費や採用広告費がかかりません。毎月の損益分岐点が低く抑えられますし、初期投資の回収も早くできますので、安定した経営が行ないやすいのが最大の特徴です。

ーー費用面で選択される方が多いのでしょうか。

入り口は費用という方が多いですね。というのも、塾をやりたいといった場合に選択肢は二つしかありません。

  • ゼロから自分で全てをつくっていく
  • フランチャイズ等の仕組みを使う

自分で全てをゼロから作っていくのは、ノウハウがないと非常に難しいと思います。

フランチャイズに加盟して学習サービスを始める場合、加盟金で300万円程度は必要ですし、加えてロイヤリティも毎月売上の10%や固定で3万円程度がかかります。費用的なハードルも高いですし、損益分岐点も高くなってしまいます。

すららは加盟金が不要で初期投資がぐっと抑えられますし、継続的にかかる費用も拠点当りの固定費と生徒ID数に応じたものだけです。

そういった面で、他の学習サービスに比べて、圧倒的に開業のための資金的な敷居が低く、また開業後の損益分岐点も低く保つことが可能です。今までそういった理由で開業を諦めていた方にも支持頂き、開業に至っているケースもあるのではないかと思います。

ーー生徒の学習面での強みはなんでしょうか?

学習面で言うと、アダプティブな学びの仕組みです。

すららでは自分自身のペースで学習が可能で、生徒ひとりひとりの理解度に応じた学習が可能になっています。システムを使って自宅でも学習が可能です。普通の学習塾では講師あたり数名の生徒の指導を行うのが標準ですし、自宅での学習をサポートするのは困難です。

すららの仕組みを使えば、塾以外の学習のサポートも可能ですし、 学習指導(教務)に力を割く時間が抑えられますので、講師あたり数十名の生徒のサポートを行うことが可能です。

すららが教務を行いますので、先生の役割が、普通の塾とは異なっていて生徒のサポート、コーチング的な要素に注力していただくことになります。

ーーすららで開業されている方はどんな方が多いのでしょうか

教育業界での経験者は多くありません。未経験者が7割くらいです。

年齢は、30代後半か40代くらいの方で、自分の子供が中学生になって保護者としても学習塾を検討されている方が多いですね。ある意味社会人経験もある程度積んできて、自分のキャリアはこのままでいいのかと考えていらっしゃる方も多いのだと思います。

すららの塾は今までにないスタイルですので、経験がない方のほうがある意味うまくいくことも多いように思います。今までの経験やこうあるべきといった観点にもしばられませんので。

ーー開業後、どういう方だとうまくいくことが多いのでしょうか

繰り返しになりますが、すららは、教務に集中しなくてよいので、その経験は問われません。逆に生徒や保護者とのコミュニケーションに注力が必要です。そういった意味で、販売や営業関連のお仕事をされていた方は立ち上がりがスムーズで、うまくいく方も多いように思います。

パソコンを使った学習塾というと、コミュニケーションが少なくてすむという考えの方もいらっしゃいますが、そういうことではなく、教えることが必要ないからこそ、生徒や保護者とのコミュニケーションに注力する必要があります。子供たちをいかにやる気にさせるか、引き上げていけるかといった力が重要です。

加えて、計画を立てて実行する力も重要です。当たり前のように聞こえますが、独立するとすべて自分で行動しなければいけません。ある意味怒ってくれる人もいないわけです。そんな中で、計画を絶対に実行して日々改善していけること。こういったことが地道に出来る方が向いています。

ーー開業前に悩まれるポイントはどんなことが多いのでしょうか。

物件と資金で悩まれることが多いですね。

特に資金面で悩まれる方が多いです。すららでは他の学習塾に比べ安価で開業が可能とはいえ、生徒募集活動なども行う必要がありますので、ある程度の初期投資は必要です。

物件に関しては資金があればある程度解決出来るものでもあるので、資金面が解決できればチャレンジされる方が多いですね。

すららネットでは、金融機関や行政書士事務所と連携して、資金面のサポートも行っていますので、ご相談頂く形も多数いらっしゃいます。

すらら導入までの流れ

ーー開業したあとの本部のサポートはどういったものがあるのでしょうか?

開業時に新規塾開業サポート研修(任意)を受けた方には、生徒数の垂直立ち上げを行うための研修に1年間ご参加いただけます。

また、全国のすらら導入塾の教務ノウハウや生徒募集ノウハウなどの成功事例をオンラインで行う勉強会も開催しています。

塾経営をうまく軌道に載せていらっしゃる方は、こういったノウハウを積極的に収集、実行し、成果に繋げられている方が多いですね。

ーー今後、どういった方にチャレンジして頂きたいですか?

すららネットでは、初期投資小さくビジネスを始められますし、教務に力を取られないので社会人経験を積んでコミュニケーション能力に自信のある方はうまく行きやすいです。

営業や販売の経験、マネジメントなどの経験をお持ちの方は上手く運営を行える可能性が高いです。そういった未経験だけれども自分の塾を運営してみたい、教育業界にチャレンジしてみたいという方にはぜひ一度セミナーに来ていただいて(オンラインでも開催)、詳細を聞いて頂きたいです。

クラウド型学習システムすららの誕生、MBO、黒字化までの道のり、今後の展開を聞く(PR)

2017.08.07

商社から転身、すららで塾を開業・独立した理由とは(PR)

2017.08.07