EduLab、NVIDIA「Inception Program」パートナー企業に。教育分野の企業で日本初認定

株式会社EduLabは、GPUの開発・販売を手掛けるNVIDIA Corporation(以下 NVIDIA)より、AIスタートアップを支援するプログラムである「Inception Program」のパートナー企業に教育分野における企業として日本で初めて認定された(※)。※2017年6月末時点。学校、研究機関を除いた法人として。

今回の認定を受け、NVIDIA製AIスーパーコンピュータDGX-1を購入し、まずは手書き答案等のテスト分野における採点の効率化を目指して研究開発中である「ディープラーニング技術に基づく手書き文字認識技術」にDGX-1(TM)を使用することにより、開発スピード及び読み取り精度を向上させ、実用化を目指していくという。

NVIDIA Inception Programとは

NVIDIA Inception Program は、人工知能(AI)やデータサイエンスの進歩に伴い業界に革命を起こそうとしているスタートアップ企業を養成することを目的としている。Inception Programは仮想インキュベーター プログラムとして設計されており、製品開発、プロトタイピング、および導入の段階でクリティカルな状態にいるメンバーを支援する。これには、ハードウェア付与やマーケティングサポートからディープラーニングエキスパートとのトレーニングに至るまで現行のメリットのカスタムセットが含まれている。
(引用 http://www.nvidia.co.jp/object/inception-program-jp.html )

EduLabにおける「Inception Program」の今後の活用について

EduLabでは、今後プログラムを通じてNVIDIAからの支援を得ながらディープラーニング技術に基づく手書き文字認識技術の研究開発をこれまで以上に加速させるとともに、自動採点、アダプティブラーニングなどのEdTech(教育技術)にディープラーニングなどのAI技術を取り入れた次世代の教育ソリューションの実現を目指していく。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。