御茶ノ水で「未来をつくる教育フォーラム2017」教育業界や保護者向けワークショップなどを実施

「自立学習」という主体的な学びのコンセプトを根幹に、可能性のある子どもたちがグローバル社会で活躍できるよう支援する非営利法人、一般社団法人自立学習推進協会(ASMoL)は、2017年10月15日(日)に御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター sola city Hall West(東京都千代田区神田駿河台4丁目6)にて開催する「未来をつくる教育フォーラム2017」の参加募集を開始。

自立学習型及び主体的な学びの小学校での実践に関する事例発表や、マルチステークホルダー・パネルディスカッションなどが開催されるカンファレンス会場と、今の子どもたちに触れて欲しい教育アプローチを見ることができるワークショップ会場の2会場に分けて開催する。

自立学習学会2015の様子

「未来をつくる教育フォーラム2017」開催概要

  • 日時 : 2017年10月15日(日)11:30~16:30(カンファレンス会場は12:30開始)
  • 会場 : 御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター sola city Hall West (東京都千代田区神田駿河台4丁目6)
  • 参加対象 : 教育関係者及び子育てに携わる人、教育に興味のある一般の人
  • 参加料金 : 一般 2,000円 親子参加 2,000円(保護者1名あたり小学生以下2名まで)

「未来をつくる教育フォーラム2017」とは

自立学習、クリエイティブ・ラーニングなど、主体性を引き出す学びに関心のある教育関係者(学校の教職員、学習塾運営者・講師、教育業界に携わる方、子育て中の保護者)など200名を超える参加者が一堂に会する。

今の子どもたちが社会をリードする2030年に「どんな社会がやってくるのか」を見据えた上で、「どんな能力が今の子どもたちには必要になってくるのか」を共有し、これからの教育アプローチを学び、共に考えるフォーラムとなる。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。