司法書士とは?試験の内容、合格率、難易度、受験資格、おすすめの問題集、参考書は?

司法書士は仕事内容、収入、安定性などに魅力を感じる人が多い職業です。司法書士資格の取得、試験受験を検討している方もいらっしゃると思います。司法書士試験は難関試験で、合格するためには、しっかりとした対策が必要です。

この記事では、司法書士の仕事内容や試験についてまとめています。まずは、司法書士とはどのような職業なのかを知り、試験の概要について情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

司法書士とは?

そもそも、司法書士とはどのような職業なのでしょうか。司法書士は、国民の権利の擁護と公正な社会の実現を使命として、司法書士法に基づいて、登記や供託、法務局に提出する書類の作成を行う業務を行います。具体的には、遺産の相続、不動産登記、会社(法人)の登記、債務整理、成年後見、裁判所提出書類の作成、簡易裁判所管轄(訴額140万円以内)の訴訟代理人業務を行う専門職です。

司法書士の具体的な役割は?

より具体的に挙げると、司法書士には以下のような役割があります。

  • 登記または供託手続の代理
  • (地方)法務局に提出する書類の作成
  • (地方)法務局に対する登記、供託の審査請求手続きの代理
  • 裁判所または検察庁に提出する書類の作成、(地方)法務局に対する筆界特定手続書類の作成
  • 上記4点に関する相談
  • 法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談
  • 対象土地の価格が5600万以下の筆界特定手続の代理及びこれに関する相談
  • 家庭裁判所から選任される成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人などの業務

司法書士試験の内容は?

司法書士になるには司法書士試験に合格する必要があります。司法書士試験では、まず筆記試験が行われ、合格者は口頭試験に進みます。筆記試験で問われる内容は、以下の通りです。

  • 憲法、民法、商法、及び刑法にまつわる知識
  • 不動産登記及び商業登記に関する知識
  • 供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全に関する知識
  • その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務で必要な知識・能力

司法書士試験の合格率はどの程度?難易度は?

司法書士試験の難易度はどの程度なのでしょうか。合格率や難易度を確認しておきましょう。合格率は、平成28年度版の結果を確認していきます。

平成28年度司法書士試験では、出願者が20360名、受験者が16725名、合格者が660名となっています。合格者/受験者で計算すると、約4%の合格率となっています。また、この年の筆記試験の合格最低点は、満点280点中200.5点以上となっています。

司法書士試験の受験資格は?

司法書士試験は年齢、学歴、性別等に関係なく、誰でも受験することができます。傾向としては大学の法学部で学んだ方や、法律系の専門学校で学んだ方に受験者が多いようです。

司法書士試験におすすめの参考書、問題集は?

司法書士資格は人気資格ですし、先ほど書いたように合格率も4%程度と難関の試験です。

簡単に合格出来る試験ではありませんので、本気で合格を目指すには対策が必要になります。ここでは、試験対策におすすめの参考書、問題集を紹介します。

司法書士試験対策が出来る学習サービスは?

司法書士試験の対策は独学でも無理というわけではありませんが、多くのスクールや学習サービスが存在し、そういったサービスを活用した方が効率よく学習することができ、合格の可能性も高まるでしょう。司法書士試験対策が出来るおすすめのサービスをまとめました。

法律資格・公務員試験のスクール【伊藤塾】




法律資格・公務員試験のスクール伊藤塾では、司法書士試験に向けて徹底解析された教材と、指導経験豊富な講師から学習でき、数多くの受験生を合格に導いています。2016年司法書士試験合格者のうち、45.8%が伊藤塾の受講生という数字もあるほど、圧倒的な実績を誇っています。実際のスクールに通って学習したいという方には非常に良い選択肢と言えるでしょう。

資格試験のオンライン対策サイト【資格スクエア】




資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用したく新しいオンライン資格講座です。スマホ・PC・タブレットがあれば隙間時間でいつでもどこでも何度でも勉強出来るサービスです。特徴は、校舎に行かなくてもいいから自分のペースで勉強を進められる、いつでもどこでも何度でも講義が視聴できることがあげられます。またスクールや予備校に通うよりもリーズナブルな価格で受講を出来ることもメリットといえるでしょう。

通勤時間にスマホで難関資格を取得【通勤講座】



スマホ・PC等で学べるオンライン資格講座「通勤講座」は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講者15000人を超え急成長中しています。スマホ・PC・タブレットで学べるため、忙しい社会人の方の利用に向いています。また、テレビ番組のようなビデオ講座は、わかりやすいと評判です。問題練習も充実しており、無理なく合格できる実力がつくサービスです。

司法書士試験の体験談や勉強方法で参考になる本は?

司法書士の試験は簡単なものではないので、モチベーションが下がったり、なんの為に勉強しているのか不安になったり、勉強方法が不安になることもあるでしょう。そんなときは過去の受験者の体験談や合格者の勉強方法など、参考に出来るものが多く出版されています。

以上、「司法書士とは?試験の内容、合格率、難易度、受験資格は?」に関しての記事でした。

参考
『法務省ホームページ』http://www.moj.go.jp

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。