アオイゼミ、慶應義塾大学と共同で 「交渉学」特別授業を中高生向けに無料ライブ配信

30万人の中学生・高校生が利用するスマホ学習塾「アオイゼミ」は、慶應義塾大学法学部教授の田村次朗氏と共同で、2017年7月15日(土)18:00~19:00に、「交渉学」特別授業(タイトル:中高生のための交渉学 〜コミュニケーション力を高める方法〜)を中学生及び高校生向けに無料ライブ配信する。

「中高生のための交渉学」実施背景と想い

社会・産業構造が急速に変化し、価値観や生き方が多様化する現在の日本では、医療・福祉や人権(LGBT)の問題など、正解がひとつとは限らない難題が次々と生まれている。

このような問題解決にあたっては、主体的に行動し、多様な立場や考えを尊重しながら、他者と協働できる人材が必要不可欠。アオイゼミでは、以前から中高生向けの学習指導以外にも、2020年の大学入試改革に向けた「アクティブラーニング授業」や、スマホ・インターネットの「情報リテラシー授業」など総合的な教育に力を入れている。また、大学との共同授業にも力を入れており、次世代を担う中学生や高校生に、学問の楽しさや奥深さを分かりやすく伝え、将来の進路選択に役立てたり、物事を多角的に捉えるために視野を広げる授業を積極的に提供している。

次世代を担う全国の中高生に、自分の利害だけではなく、他者や社会全体の利害を考え、主体性を持って多様な人々と協働することができるコミュニケーション力を身につけてほしい。

その想いが、慶應義塾大学法学部教授であり、一般社団法人交渉学協会理事長でもある田村次朗氏と一致し、今回「交渉学」をテーマにした特別授業の実現に至った。

「交渉学」で扱う「交渉」は、関係者との継続的な信頼関係づくりと、協働しながら共通の目的を実現するために必要なコミュニケーションの知恵と技術。田村氏は「交渉学」を学問体系として整理するだけでなく、多くの人が実社会でも活用できるよう普及活動を行っている。アオイゼミの無料生放送による双方向コミュニケーションの参加型授業で、全国の中高生と一緒に楽しく「交渉学」について学ぶことができる。

実施概要

  • 日時:2017年7月15日(土)18:00〜19:00
  • タイトル:「中高生のための交渉学 〜コミュニケーション力を高める方法〜」
  • 内容:「交渉学とは」「交渉における論理」「事前準備の方法論」「クリエイティブネゴシエーション(価値を創造する交渉)」などについて中高生でも分かりやすいように解説(予定)
  • 講師:慶應義塾大学 法学部 教授 田村次朗
  • 司会:株式会社 葵 遠藤浩実
  • 視聴方法:アオイゼミ公式サイト、アオイゼミ公式アプリ、ニコニコ生放送から無料で視聴出来る。※アオイゼミ公式サイト、アオイゼミ公式アプリの場合、ライブ授業の視聴にあたって、アオイゼミへの会員登録(無料)が必要

 

講師紹介

慶應義塾大学 法学部 教授 田村次朗 ハーバード大学ロー・スクール修士課程、慶應義塾大学大学院法学研究科民事法学専攻博士課程。現在、慶應義塾大学法学部教授。ハーバード大学国際交渉プログラムのインターナショナル・アカデミック・アドバイザー。専門は経済法、国際経済法、および交渉学。各省庁、公正取引委員会などの委員を歴任。また日米通商交渉、WTO(世界貿易機関)交渉、ダボス会議(世界経済フォーラム)の「交渉と紛争解決」委員会の委員等、国際交渉の舞台での経験もある。その一方で、実務教育としての「交渉学」の研究開発に取り組んでいる。 著書に『WTOガイドブック』(弘文堂) 『戦略的交渉入門』(共著、日経文庫) 『交渉の戦略 思考プロセスと実践スキル』(ダイヤモンド社) 『ハーバード×慶應流 交渉学入門 』(中公新書ラクレ)『16歳からの交渉力』(実務教育出版)がある。

 

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。