「GEMS World Academy」がシンガポールで「すらら」を8月より導入

株式会社すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の提供、および、運用支援を行っている。この度、シンガポールのインターナショナルスクール「GEMS World Academy (Singapore)」が「すらら」を8月より導入し、日本人生徒の母国語維持・向上のため活用する。

母国語教育にすららを導入

「GEMS World Academy (Singapore) 」が「すらら」を導入するに至った理由は、学年や日本語のレベルも異なる日本人生徒に対して、最適な学習をさせ、母国語である日本語の維持・向上を図るため。

「GEMS World Academy (Singapore) 」は母国語の教育を大切にしている。例えば、現在では、昼休憩や放課後時間を活用し、日本の小学1年生~中学3年生に相当するGrade1(6歳)~Grade10(15歳)の日本人生徒約50名に対して日本語の教育を行う「Mother Tongue Programme」を実施している。

「Mother Tongue Programme」は日本人教諭1名により行われ、漢字(漢字検定)やデジタル教科書を使用した読解の指導を実施していたが、教員1名では幅広い学年の生徒に対し、それぞれに適切な教材を用意し、指導をすることは困難だった。さらに塾に通っている生徒もいるため、同じ学年であっても学力に幅があるという問題を抱えていた。

そこで、「すらら」を活用した学習を開始することで、教員の負荷を増やすことなく、生徒個々の学力に合わせたアダプティブな学習をさせることが可能となる。子どもたちにとっても、「すらら」はキャラクターによる対話型で根本理解を促すスモールステップのレクチャーとなっているため、教員が1名のみであっても各自で学習を進めることが出来る。

「GEMS World Academy (Singapore)」とは

「GEMS World Academy (Singapore)」は、世界13カ国250校以上の学校を運営する「GEMS Education」を母体とするインターナショナルスクールで、国際バカロレアを基調とする教育カリキュラムを提供している。PreK(3歳)~Grade12(18歳)まで、全校生徒約700名を擁し、そのうち60名程度が日本人。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。