無学年制算数タブレット提供のRISU、「1学年以上うえ」の算数検定試験料を助成する制度を開始

無学年制の算数タブレットによる遠隔学習や、個別指導塾による学習支援サービスを提供するRISU Japan株式会社は、1学年以上うえの算数検定試験に合格した場合、検定料を全額助成する制度を開始する。

RISU算数タブレットは無学年制の学習システムで、一人ひとりに合った問題と、東大生らTOP大学生からのフォロー動画やメールにより、全生徒の75%の子ども達が学年より上のステージを先取り学習している。

今回開始する制度は、RISUの生徒が日本数学検定協会が取り決めている目安の学年について、自身の学年より1学年より上の以上の検定に合格した場合、11級~5級の検定料を全額助成する制度。これにより子ども達が自身の算数の実力を客観的に把握する事はもちろん、学習のモチベーションアップとなる事を期待している。

助成制度の意義と制度開始の理由

RISUは、子供たちの「もっと出来る」を止めないために、年齢に合った算数問題」ではなく「個人に合った算数問題」を提供している。その結果、全生徒の75%の子ども達が先取り学習を行っている。こうした現状に甘んじる事なく、「もっと出来る」と1学年以上うえの算数検定試験にチャレンジする子供たちをサポートしたいという願いから制度を定めた。

今回、1学年以上上の算数検定試験料を全額助成する制度を開始する事にした理由は下記の2つの理由からです。

①子ども達が自身の算数の実力を客観的に把握する機会を設ける

学校では1学年以上うえのテストを受けることはない。自身の実力を把握する事はとても大切で、自己承認や、苦手の把握につながり、より深い学習が進むと考えているため。

②学習モチベーションのアップのため

毎日学習を進めていると、時には学習に飽きることもある。「合格」という目標を持ち試験に挑む事が、学習のメリハリとなる事を期待している。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください